スポンサーリンク

シバターが皇治に激怒した理由ーラファエルがRIZINにでない理由

スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ごきげんよう!

朝倉未来さんや、朝倉海さんともよくコラボしており、登録者数が110万人もいる人気炎上系YouTuberシバターのRIZIN参戦が発表されました。

このニュースに好意的な意見を持つ格闘技ファンが多かったイメージがあります。

というのも、他にも人気YouTuberのヒカルやラファエル、そしててんちむといったトップYouTuberをRIZINに呼び、盛り上げようとする姿勢が見られたからです。

ただ急遽シバターが昨日12月25日に自身のインスタグラムであと、RIZINの入場、色々あってラファさんが出なくなりました。ヒカル君とてんちむちゃんは出ます。

すっごい簡潔に言うと、皇治のせいです。

これは試合前にするか後にするか分かりませんが動画で必ず言います。

皇治はエンターテイナーとしてもファイターとしても資質に欠ける男です。はっきり言います。ニセモノです。

と思いを吐露しておりました。

またラファエル自身もラファエルは自身のツイッターで、「お詫びと報告」とのべ、

「年末31日のRIZINに選手と一緒にヒカル、てんちむ、ラファエルが花道を歩くとシバターさんのYouTube動画内で話しておりましたが確認、調整不足があり出演はなくなりました。」と発表しておりました。

そして本日クリスマスの深夜1時にシバターが自身のYouTubeでなぜラファエルが出なくなったのかを語りましたので、それについて皆さんと一緒にみていきたいとおもいます。

それでは早速話題に移ります。

まずシバターは今回ラファエルが急遽RIZIN出場を辞退したことに対する説明をするために

動画の中でシバターはそもそも実は皇治選手と直前まで試合が決まっていたことを明かします。

ルールについても決まっており、オープンフィンガ―グローブでMMAの試合をする予定であったそうです。

また皇治選手と戦うということで生放送の枠で放映される予定でRIZINとの話を進めていたとのことでした。

ラファエルは皇治選手との試合ということもあり、かつゴールデンのテレビの枠だったので、シバターの試合の入場に付き合う予定であったそうです。

ただ皇治選手が土壇場になり、シバターと試合をしたくないといったそうで、皇治選手対シバターの枠はなくなったそうです。

このことから、シバターの試合は第3試合目に移され、まだ相手も決まっていない中、テレビの生放送の枠から外されてしまったことを受け、ラファエルはかなり怒ってしまい、テレビ局の都合でラファエルが起こった入場枠が消される可能性がある。

トップYouTuberが参戦するのにそんなリスク取れない。と今回の出場を辞退されたそうです。

次にシバターは皇治選手へ怒りを爆発させ、何故五味選手との試合で12オンスというボクシングの練習でつかうようなグローブで試合をするのかも暴露します。

シバターは皇治選手に対して、総合でシバターと試合できないってことは俺にビビった?

組技も、パウンドもありの、なんでもありの路上ではシバターに喧嘩で負けるってことだよね?と皇治選手を挑発しておりました。

そして、シバターは五味選手と今回皇治選手との試合で何故12オンスのグローブでやるかも話しておりました。

当初はRIZIN側は五味選手との総合ルールもしくはキックルールでの試合を皇治選手に提案していたそうです。

ただ、皇治選手がどれも断り、結果ボクシングルールになったと語っておりました。

それも、KO負けにならないように、8オンスはヤダ。オープンフィンガーグローブはダメだと皇治選手サイドがRIZINに伝えたらしく、一応最後までたってられる12オンスになったそうです。

ボクシングの試合だと、計量級選手は8オンス(約230g)のグローブを付けて試合を行い、重量級の選手は10オンス(約280g)のグローブを付けて試合をしますが、このグローブが重くなれば、なるほど、グローブの中綿が大きくなり、パンチを打った時の衝撃が和らぎます。12オンスというのはだいたい練習で使うサイズで安全性を踏まえたサイズです。

シバターは、五味選手というPRIDE時代を引っ張ってきたレジェンドを皇治選手の当て馬にするなんて失礼だと思いを吐露しておりました。そして皇治選手にはお前はアスリートとしても、エンターテイナーとしてもニセモノだと力強く発言しておりました。

シバター曰く、五味選手が会見中、しらけていたのはそういった背景があったからだろうのべておりました。

皇治選手と五味選手といえば、会見中は皇治選手が皇治は五味の印象を聞かれると「凄かったですよね、昔は。でも今も現役と聞いて。でも今は元気もないみたいだし。昔は火の玉ボーイやったかもしれないけれど、今は金玉ボーイやと思うので、ボーイというのもおかしいので金玉おじさんやと思って。」と、挑発しておりました。

 五味はそれに表情も変えることなかった為、記者から数々の挑発に対し、五味選手は何とも思わないのかと記者から聞かれると「そうね(笑)。そのエネルギーを試合に出そう、ね」と確かにしらけた態度を示しておりました。

ただ、会見の後は五味選手はなにか思うことがあったらしく、

「榊原さんにはグローブハンデくれって泣きついといて俺の前では大口かぁ?皇司の舌は何枚あんだ?wなんならオープンフィンガーグローブでやってやってもいいよwと発言し、

インスタグラムでは、皇司くん俺が82キロから75キロまで一週間で落とすから64キロの皇治がご飯ちょっと多く食べて65キロ以上にして同じグローブの条件でやろうよ!きつかったらヘッドギアはつけていいから。俺だけ減量の努力して勝っても嬉しくない相手と条件ならやらなくてもいいかなぁ。皇司くんも榊原さんに泣きついといて大口叩くなら男見せてみな!いい返事待ってるよ!

とも発言しておりました。

それに対して皇治選手は

すかして流石カッコええなとおもってたのに、おうちに帰ってSNSでピーピーですが。

面と向かって言わな記者会見の意味、漢の意味ないですやん。

自分はRIZINから体重さを考えてグローブに差をつけないと競技じゃなくなるから試合くめないと聞いていました。

余裕かましてたのに、貴方がそれがかっこいいとおもうのであれば、何キロでもいいですし、グローブも同じでいいですよと返答しておりました。

そして最後に、自分はこう思っとるよ。後はリングの上で殴り合ったらええだけ。レジェンドさん宜しくお願い致します。と締めくくっておりました。

そして五味選手は皇治選手と榊原社長の話あいがあったのか、

「大晦日の試合ルールは榊原さんがやっと動いてくれて両者同じサイズのグローブで12オンス体重制約なしになりました!ケンカにルールはいらないね。と最終的には同じサイズのグローブで戦うことが決まったことを話しておりました。」

話はシバターに戻しまして、最後RIZIN側への要求を語っておりました。

1つ目に茶番である、皇治選手の試合を生放送枠から外すということ。

2つ目に五味選手とやらせろということ。ルールは総合でもキックルールでもなんでもいいといっておりました。

もし、五味選手とやれないのであれば、ヒョードルでもボブサップでも、チェホンマンでもいいから試合をさせてほしいとかたっておりました。

3つ目に用意した相手に勝った時には来年2021年に控えているMEGAイベントでメイウェザーと試合を組ませろということでした。

ちなみにこの動画を受けて皇治選手が夜の3時に柴田さん寝ぼけとんの?

貴方との試合なんて一切決まりかけてない。亀田選手との話が流れ大晦日らしいカードがなくRIZINとの話で貴方と五味選手の名前がでましたが貴方とはYouTubeでいい。殺されるとしても自分は貴方と五味選手なら五味選手に挑みたい。ただそれだけの話。それ以下それ以上の話もない。と発言しておりました。

貴方の名前が出た時、即断りました。挑戦すると言い続け相手が貴方ならファンの皆ひっくり返るので

貴方が言ってる事が本当ならRIZINと相当話にずれがあるね。ただ貴方が嘘ついとるなら相当やばいよ。

明日、RIZIN事務所榊原さんらに話聞きに行きましょうよ。五味選手とのルールの事も全て応えますよ。

個人的な感想としては、RIZINも今この流行病の中、皇治選手と亀田選手の試合が流れてしまったり、色々手探りの中、どうしても問題がおきてしまったのだろうなということと、現在シバターの対戦相手がXとなっていたのはサプライズを用意するためにしているわけではなく、本当に対戦相手が決まっていないので、Xになっているということに衝撃をうけました。

以上今回は急遽シバターが何故皇治選手に激怒したのかについてお話させていただきました。

是非皆様の今回のニュースをきいてのご感想コメント欄でお聞かせください。

なお次の動画では平本蓮選手の密着取材動画について触れる予定ですので、是非チャンネル登録しておまちください。

いつも貴重なお時間を取って頂き、ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできることを楽しみにしています。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン
タイトルとURLをコピーしました