スポンサーリンク

皇治のキックトーナメント優勝をクレベルコイケが断言!その衝撃の理由に一同驚愕!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!

本日の動画では6月29日RIZIN29で予定されているキックトーナメントについて取り上げようと思います。

個人的に当初は格闘技団体RISEで活躍中の白鳥選手が優勝し、那須川天心選手のボクシング転向後にRIZINキック代表の後継者として活躍していくのかなと思いました。

実際優勝候補の白鳥選手は今回の試合に向けて、RIZINキックトーナメント参戦します。ぶっちぎりで優勝するよ。

1回戦も実力者だし気抜かずやりますよ。よくしゃべるおっさんは決勝上がって来れるかわからないけど。

盛り上げます!と皇治選手は一回戦すら勝ち残れない可能性があると煽っておりました。

またこのチャンネルで行ったアンケートでは、皇治選手が優勝できないと答えた方が80%もいるなど試合前にはなかなか厳しい状況でした。

ただ、皇治選手のインタビューや、一緒に練習している選手を見ると、かなり今回の試合に向けて練習に取り組んでいることがわかり皇治が予想を覆す形で優勝する可能性もあるなと思い始めたので、3つの注目ポイントをまとめてきたので皆さんと見ていきたいと思います。

またクレベル選手、平本選手や青木選手、そして朝倉兄弟とコラボした魔裟斗さんも皇治選手を激励しておりましたので、格闘技関係者の声も併せて見ていきたいと思います。

是非今回の動画最後まで見ていただいて、皇治選手が優勝できるかどうか皆さんのへのご意見コメント欄でおきかせくださると嬉しいです。

なおこのチャンネルでは主にRIZINに関連する動画を更新していきますので、見逃さないようにチャンネル登録お待ちしております。

早速話題に移ります。

皇治選手といえば、K1からRIZINに移籍後には那須川天心、五味選手と有名選手かつ、適正階級ではない中で戦い、2連敗しております。また以前まではシバターさんからも攻撃を受け続け、自身も2連敗の後には引退をほのめかす発言をしており、格闘技ファンをざわつかせました。

ただ、格闘技は続けることを宣言し、RIZIN29では当初はメインを張り、RIZINの榊原代表からも皇治にはきつい相手を用意すると発言があったのにも関わらず、自らキックトーナメントの開催を呼びかけそれが実現されました。

以前RIZINではキックトーナメントが開催され、那須川天心選手が優勝しましたが、その時には優勝賞金は300万円で、ベルトもなかったので、皇治選手の効果が見受けられます。

皇治選手は実力とかいうやつでメインはって勝ってもうて調子こくわな♪炎

応援宜しく

俺が勝つ事を喜んでくれる皆は勿論

俺がぶっ飛ばされるのを楽しみにしとる皆も多いに騒いで楽しみにしとってくれたらえー感じ♪とつぶやいております。

個人的には順当にいくと、最近テレビ出演もしており、イケメン格闘家として女性人気も高い白鳥選手が優勝するのが今後RIZINキックを盛り上げるためにもいいのかなと思う所ではあります。

ただ、皇治選手も今回の試合に向けて相当な努力を積んできており、試合前に皆さんと抑えておきたい3つ注目ポイントがあります。

まず1つ目に皇治選手についているトレーナーです。

皇治選手は絶対に勝ちたいと思ったのか、以前魔裟斗選手のトレーナーもつとめていた土居さんの元でトレーニングに励んでいるようです。以前魔裟斗さんは朝倉未来さんとのYouTubeコラボの中で、

準決勝で2007年にアンディサワーという選手に負けて、引退もよぎったことを明かしております。

ただ、土居さんはここから3年かけて強くするつもりで、まだ強くなれる。これから3年かけて王者にすると魔裟斗さんを勇気づけ、実際魔裟斗さんはその次の年にはトーナメント優勝、そして、2009年にはアンディサワー選手に判定勝利しております。

ちなみに土居さんもこのコラボをみたのか、普通のことをしただけだよと謙遜されておりました。

皇治選手の1日密着取材では土居さんに皇治選手は1時間程叱られたことがあかされておりました。

というのも皇治選手が最初は全然練習に集中しているようには思えなかったからだそうです。皇治選手を教えたいトレーナーはたくさんいるから、やる気がないなら、やめてくれまで言われてしまったそうです。

ただ皇治選手は絶対に次勝ちたいのか踏ん張り、今では土居さんからも次に期待できるとまで言われておりました。

そして注目ポイントの2つ目に練習環境です。

皇治選手は先日自分専用のジムをオープンさせ、ムエタイのウィラサクラレック会長とともに練習をしている所を格闘技ファンに見せております。また平本蓮選手に衝撃のKO負けをしてしまいましたが、K1ライト級王者にも輝いたことのあるムエタイのゴンナパー選手とも切磋琢磨をされているようです。

皇治選手はK1から抜けた後の会見では、

最後のチャレンジだと思って、シルバーウルフという大事な練習場所も失い、違約金も払って出てきました。と話しておりましたが、練習するジムを失ったのも連敗の一つと考えていたようなので、ここで自分のジムを持ち練習に集中できるのは皇治選手にとって確実にプラスだと思います。

先日ウィラサクラレック会長が上げた写真には、100%に仕上がってますというコメントと共に、相当引き締まった体つきをみせておりました。K1の時と比べても圧倒的に違うのが見て取れます。

RIZINの試合前にいつも行う公開練習でもオープンさせたジムでキレのいいキック、パンチを見せておりました。RIZINに当初きた時には公開練習なのにも関わらず、練習着もきることなく、記者からの質問に答えるだけで終わってしまいパフォーマンスと言えども、どんな練習をみせてくれるのかなと注目していたので、少し残念な思いをしたのを覚えております。

なので、今回真剣に取り組んでいる所をみれたのでよかったです。

最後に皇治選手にとって、適正階級での試合ができるということです。

最初にお伝えしました通り、那須川天心選手の時には58.5キロで戦い、五味選手の時には65キロで戦うなど自分の階級とは違う階級での試合をしております。

皇治選手は今まで何度か榊原社長には適正階級での試合がしたいと直訴しておりましたので、遂にそれもかなったことになります。

また最近は負けが続いておりますが、2015年にK1で卜部選手と戦い勝利した時には60キロで戦っており、2019年の大岩選手との闘い勝利した時にも60キロで戦っていますので、適正階級に近い体重で今回トーナメントを迎えることができますので、そこも注目です。

今回の大会はチケットが完売しており、噂では、皇治選手を応援する皇治軍団が何千枚と購入されたそうです。

また今回は大会近くに200組限定で皇治軍団の為のホテルを貸し切っているようで、皇治選手にとってはホームである大阪でかつ応援の声もものすごく大きいと思われます。

皇治選手も後3日RIZIN。チケットが全然足らず本当に申し訳ない。ただ皆の応援が力になっとる♪と話しておりました。

次の話題として皇治選手の試合に関して格闘技関係者の声を紹介すると、

いつも批判的な意見を持たれている平本蓮選手は、今回は応援してる!

本気で努力してる人に報われて欲しい。

全試合判定決着のぶっちぎりの優勝期待してますとエールを送り、続ける形で、

皇治、塩漬け(塩試合)しまくって優勝してくれと判定勝利でも今回のトーナメントに勝ってほしいと同じK1ファイターとしても応援しておりました。

青木さんも皇治さん大好きな我々は皇治さんを応援しています。皇治さん優勝してほしい。プロのファイターが報われてほしいから。と一言のべておりました。

また朝倉未来さんに勝利したクレベル選手は、RIZINキックは皇治を応援してると勝敗予測動画で語り、理由としては、大晦日のRIZINで同じ控室だったからそうです。

またK1の魔裟斗さんも皇治選手の動きをみて、K1の時よりかもいいと指摘しており、対戦する梅野選手は逆に全盛期の時よりかも動きが鈍くなっているから勝てるかもしれない。もっというと、決勝に勝ち進み白鳥選手と戦ったら、白鳥選手は体的にがむしゃらに前に出てくる選手には弱く、相性的に皇治選手が勝つかもしれないと発言しておりました。

皇治選手は今回の試合前のインタビューでは、勝てば、何か注目してもらえるような発言をするといっております。さすがにメイウェザーと戦いたいとかだと今まで通りで面白くないので、総合格闘技の試合に挑戦するといったより格闘技ファンの予想を上回ることを話してほしいです。

以上今回は皇治選手が今回のトーナメントについてかなり本気になっている件についてまとめました。

是非皆さんの皇治選手がキックトーナメント優勝できるかご意見、ご感想コメント欄で教えてください。

試合結果についてはお伝えする予定ですので、是非チャンネル登録してお待ちください。

以上今後も主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を更新していきますので、是非チャンネル登録してくださるとうれしいです。

また今回の動画がよかったら高評価ボタンをおしてくださり、通知ボタンもオンにしてくださると励みになります。

ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもおあいできるのを楽しみにしております。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン

コメント

タイトルとURLをコピーしました