【MEGA2021】朝倉海がメイウェザー戦に名乗りを上げる

MEGA2021朝倉海対メイウェザーRIZIN
MEGA2021朝倉海対メイウェザー

全国の格闘技ファンの皆様ごきげんよう!

2021年2月28日(日)東京ドームでの開催が決まった、

プロボクシング世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(アメリカ)

出場する格闘技イベント『MEGA2021』において、

朝倉海さんが「僕もメイウェザー選手とやれないですかね?」

と榊原社長に直談判しているということです。

スポンサーリンク

朝倉海VSメイウェザー が2021年実現か!?

早速話題に移ります。

皆様もRIZIN25を見ている方ならお気づきの方

いらっしゃったと思いますがリングには

MEGA2021の大会ロゴマークが入っておりました。

MEGA2021がRIZIN25開催を応援していた

榊原社長はこの件について、ふれ、

「今回『MEGA2021』ってリングに入っているのを見ていただけましたか?

広告協賛をいただいて、僕らからするとプロモーションの場としても

使ってもらえることにご協力させていただくのと、

このコロナ禍の中で16年ぶりの東京ドームという夢舞台で

さらにスケールの大きな格闘技の祭典をやろうというのが

MEGA実行委員会の皆さんの志なので、

我々としてはご協力できることは全面的に

ご協力したいと発言しております。

MEGA2021にRIZIN所属の選手が大量参戦!?

 ですから我々の契約下にある選手たち、

タイミングの合う選手はご協力して参戦させることもしたいですし、

お手伝いできること、制作的なことも含めてしっかり

向き合わせていただいて、その中で当然、

朝倉未来というのも今日は負けましたけれど、

大晦日でガラッと流れが変わると思いますし、

僕の耳に入っている中で言うと

朝倉海も『僕、メイウェザーとやれませんかね?』と聞いてきたくらいですから。

やってみたい選手は列になって並んでいると思いますね」と、

『MEGA2021』に全面協力すると明言しておりました。

MEGA側も開催に超前向き!

MEGA製作委員会の代表取締役の徳弘さんも登壇し、

「本日榊原さんのご協力のもと、視察をさせていただきました。

巷では朝倉未来選手とメイウェザーが、って形で

ネット上では言われていますが、

私の方ではそれが決定というわけではなくて、

RIZINには他にも堀口選手、那須川天心選手、朝倉海選手、

今日チャンピオンになった斎藤選手とたくさんいい選手がいるので、

一概に朝倉未来選手とは考えていないです」

と、メイウェザーの対戦相手候補は朝倉未来だけではなく、

朝倉海さんも候補に挙げておりました。

また朝倉未来自身も今回斎藤選手に負けてしまったことにより、

メイウェザー戦よりも斎藤とのダイレクトリマッチが優先と発言しております。

RIZIN以外の団体とも交渉!!誰と組むかは全く未定!?

「ほかの格闘技団体にもオファーを出させていただいているので、

それが全てではありません。キック系も含めて。

日本人だけとは考えていないなので、視野を広く見ています」と、

RIZINだけではなく外国人選手の可能性もあると話した。

ちなみに東京ドームであれば、現時点では来場者の上限を

80%程度(3万4000人)というかなりの人数が入れることになります。

メイウェザー選手の試合を見たいというボクシングファンの方多い

と思いますが、この3万人を埋めるのは難しいとは思いますので、

何人も有名な格闘家を呼ぶ必要があると思われます。

朝倉海はメイウェザーを倒せるのか!?

朝倉海さんといえば、ボクシングの元世界チャンピョンの内山選手の所で

ボクシングを習っており、

また、元世界チャンピョンである渡嘉敷さんにも

ボクシングスキルを絶賛されておりました。

朝倉海さんはバンタム級で活躍中の選手で61キロ以下で試合に臨んでいます。

逆にメイウェザーはスーパーフェザー級という、

58.97キロ以下の王者からはじまりその後階級を5階級を制覇、

最後のタイトル戦は15年9月、ウェルター級(66.68kg以下)

での2団体統一戦でした。

ボクシング引退後の2017年には、

総合格闘家マクレガーとスーパーウェルター級という

69.85キロ以下での試合をこなしました。

ただ直近の試合では那須川天心の時は自宅で体重を図ったといい、

計量を拒否し、計量用の体重計が片付けられるというハプニングが起きました。

司会者が事前計量の結果を「メイウェザー選手66・7キロ。

那須川選手62・1キロ」と読み上げましたが、

この前日計量を信じるのであれば、直近の試合は66.7キロで

行ったことになります。

メイウェザー 「今回はちゃんと計量する!」

今回メイウェザーはMEGA2021に向けて、

ちゃんと計量を行うと明言しておりますが、

減量をしたとしても、朝倉海さんと試合をしたとしても、

体重差のある戦いとなってしまいます。

またメイウェザーは2020年末アメリカで

ローガンボールというYouTube登録者数が2000万人もいる方と

ボクシングのエキシビションマッチを行うそうです。

このローガンポール体重が82.5キロもある大柄な人なので、

メイウェザーも体重を今よりも上げていくと思われますが、

その試合をした後に、朝倉海さんの61キロでもあり、

ボクシングでいうライト級にはで落とせるのかなと

疑問に思うところでもあります。

ただ、朝倉海さんが自ら戦いたいっているのであれば、

是非応援したいなとおもいます。

メイウェザー戦で朝倉海の知名度はあがる!?海外進出に有利とも

また今後朝倉海さんはUFCやベラトールに挑戦したいと明言しておりますが、

その時に、試合解説や、朝倉海さんをあまり知らない

アメリカの格闘技ファンの方が、

メイウェザーとエキシビションマッチを行ったことが

ある選手がUFCに挑戦するとなったら、注目が集まると思います。

なので、正直海さんがメイウェザーとボクシングの試合を

することに反対意見も多いと思いますが、

朝倉海さんの名前を世界的にも有名にさせるのであれば、

メイウェザーとの試合はいい選択かもしれません。

さすがに知名度だけで生き残れるほどUFCやベラトールが

甘いとは思いませんが、箔を付けるという意味では

個人的には応援したいところです。

以前海さんのYouTubeチャンネルでは、

ドッキリ企画でしたが、皇治選手とのキックルールを

榊原社長から提案されておりました。

確かに、体重的にも皇治選手と海選手であれば近しいかもしれません。

また榊原社長がその試合を組もうとすこし考えた背景としては、

海さんに新しいことにチャレンジしてほしいとのことで

前向きな考えによるものだそうです。

皇治選手と海さんの試合となれば、チケットもかなりうれるとは思いますが、

その試合を本当に組むのであれば、

海さんvsメイウェザー選手のボクシングルールの方が

みてみたいかなと思うところです。

朝倉海さんも堀口選手との試合が12月に組まれており、

確実にそちらに勝利をしないと、実現する話ではないと思いますので

まずは来月のRIZINの堀口戦に注目です。

おわり

タイトルとURLをコピーしました