【大悲報】朝倉未来と激闘の矢地祐介が大原樹里に負けた理由 (ジークンドやめろという声多数)

RIZIN

皆様、ごきげんよう。

遂にRIZIN24無事おわりましたね。

今回は金太郎選手、朝倉海選手、国内のライト級王者、最後は那須川天心選手と元K1の人気選手である皇治選手との戦いと大会直前までバタバタしましたが、ふたをあけてみれば、外国人が呼べないなか、とても豪華メンバーがそろったと思います。

ただ大変残念ですが、朝倉未来さんとも壮絶な戦いをした矢地選手が大原選手に3R2-0で判定負けをしてしまいました。

【大悲報】朝倉未来と激闘の矢地祐介が大原樹里に負けた理由 (ジークンドやめろという声多数)

試合内容としては、全体として両選手ともに殴り合い、蹴りあいをして1試合目からものすごい盛り上がり方をし、どちらがかってもおかしくないながれでした。榊原社長からすれば、会場を盛り上げる役目を両者ともに果たしてくれたと思っているはずです。

ただ、一部格闘技ファンから言われていたことではありますが、大原選手は完全に矢地選手に勝たせようというRIZIN運営の思惑が見える試合の組み合わせだったので、ここで負けてしまったのは本当に矢地選手にとっては痛いと思います。

スポンサーリンク

RIZIN24 矢地祐介対大原樹里試合内容まとめ

1R目はジリジリと圧掛ける大原に矢地ガ左ミドル次々と決め前蹴り入れる所から試合が始まります。

ただ大原左フックから右ストレート決め矢地選手がダウンします。

大原パウンドラッシュ決め矢地必死に凌ぎつつ下から三角締めを狙いますが大原は逃げることに成功し、サッカーボールキックの連打を決めました。矢地なおも下から腕十字狙うも大原抜いてサカボ連打され大原選手の強烈なパウンドラッシュにより矢地左目尻から大流血!!。

ここでレフェリーストップによる試合終了かと思いきや、レフェリーが全然とめずに大原選手との打ち合いがあり会場が大いに盛り上がる中での1Rゴングでした。正直後10秒あれば、ここで試合の決着がついてしまっていたかもしれません。

2R目は矢地選手の出血は止まるのかと不安をかかえつつも、ドクターチェックを経て試合が続けられると判断され試合が開始されます。内容は1Rと変わらず、激しい打ち合いをしましたが若干矢地選手が優勢かなと思う所もありました。

3R目は矢地選手が大原選手をタックルでTDしパウンド連打も大原が上奪い返しパウンドラッシュ決めます。矢地蹴り上げも大原いなしサカボ決めパウンドラッシュでまた流血させる!!矢地必死にパウンド凌ぐも大原パウンドラッシュ決め続けゴングがなりました。

試合は判定にまでもっていかれ、1人が矢地支持も2人が大原支持し大原激戦を制して衝撃のRIZINデビューをかざりました。

試合を見た感想からすると、

矢地選手は直近の試合はソウザに1RでKO負けしておりますし、その前の試合は上迫に勝利しているものの、グスタボ、ジョニーケース、朝倉未来と3連敗しています。

朝倉未来と戦った時に試合で負けたものには後がないといっているくらいですし、今回試合に向けて次はないと発言した手前、ご自身もさすがに2連敗となるとまだまだ31歳と活躍できるご年齢だとは思いますが、引退ということばも脳裏によぎる気がします。

ただ元修斗環太平洋フェザー級王者になったくらいですし、グスタボに負ける前は五味選手やクルックシャンクにも勝っており、RIZINで5連勝をしたくらい勢いのある選手だったのでここで引退はやめてほしい所です。

矢地祐介なぜ最近RIZINでの敗北が続いているのか

ただ矢地選手が今回負けが続いている理由の1つとして、山本KIDさんの影響も大きいのかなと思うところもあります。

山本KIDさんは2016年7月から療養もかねて沖縄に移住し、2018年5月からグアムでの本格的な入院を開始し、2018年9月に亡くなっているため、2018年8月のグスタボ戦以降負けが続いているのと重なります。

あと2点目にボクシングやレスリングといった総合格闘技における正統派のスポーツに練習時間を割くのではなくジークンドという、ブルスリーが立ち上げ、1965年ごろに基本構想が出来上がったというまだまだ歴史の浅い武術に時間を割いてしまっているからかなと思いました。

矢地選手は試合前のインタビューの中で試合の中でジークンドの技をファンに見せたいと発言しておりましたが、正直どれだけ練習をしていたとしてもまだジークンドを習い始めて短いのに、大原選手のようなプロ格闘家に技が通用するとも思えませんでした。

たしかに格闘技といえどもお客さんが盛り上がるような技を見せるというのも大事だとはおもいます。

ただたった何か月か練習してきているものをわざと、見せようとすると今まで培ってきたスタイルの良さを消してしまうのではないかと思ってました。なので、昨日の夜矢地選手の発言を聞き、今日は負けてしまうだろうなとは心のなかで思っていました。

あと2年くらいジークンドをみっちりと学び試合でだすのならある程度は通用するかもしれませんが、まず朝倉海さんや皇治選手のようにボクシングの内山高志といった所で修行をつむことがさきなのではないかなとおもいました。

また矢地選手のセコンドについている方もジークンドを理解しないと正しいアドバイスをできない状況のなか、わざわざジークンドの技を見せる必要があるのかなとも思いました。

UFCやベラトールなどのトップ総合格闘技団体でジークンドを使っている選手いましたっけと厳しいですが、矢地選手の活躍を本当に願っていいたい所ではあります。

逆に今回Twitterでどうすれば、矢地選手がまた輝けるのかと呼びかけた所、

階級をライト級からフェザー級に下げることや、トライフォース赤坂に出稽古することDEEPから再度地道に積み上げていく。であったり、堀口選手と同じATTにジムを移すなど環境を変えるといった声も見られました。

RIZIN24矢地祐介敗北。ジークンドやめろという声多数

皆様も試合みてなぜ矢地選手が負けたと思いましか?是非コメントください。

以上今後も皆様がRIZINの試合を楽しめるように記事を作成しますので、引き続き閲覧よろしくお願いします。

ちなみに主にYouTubeで朝倉未来さん朝倉海さんに関連する情報を更新しておりますので、チャンネル登録お願いします! 👇

朝倉未来の大ファン
朝倉未来、朝倉海選手の大ファンです。 朝倉兄弟がインストラクターをしている トライフォース赤坂にも練習を見に行ったりしています。 朝倉未来公式のYoutubeチャンネルでも一度だけ取り上げてもらったことがあります。 これからも朝倉兄弟を応援し、盛り上げていきたいですので、 朝倉兄弟を一緒に応援される方ご登録よろし...
タイトルとURLをコピーしました