スポンサーリンク

朝倉海が榊原社長の『堀口恭司と戦うならバンタム級GPに出ろ』に『なぜ?』と不満表明した理由

スポンサーリンク
RIZIN
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう。
バレンタインデー皆さんチョコもらいましたか?
ちなみにシバターさんの聞き取り調査によると、
朝倉未来さんは2個、朝倉海さんは100個以上もらったそうです。
話は今回の動画の本題にうつします。
今年堀口恭司選手への挑戦権を獲得するための
トーナメントを開催することがRIZIN榊原社長により発表されました。
榊原社長は、「堀口恭司と戦おうとするのであれば
朝倉海も含めて、このトーナメントに参加するしかない。」
と記者に向け発言しております。
ただこの発言に朝倉海さんは昨日公開されたYouTube内で
「俺はトーナメントについて何も聞いていません。
正直な感想としては、“何で?” っていう感じです」と
不満ともとれる驚きを格闘技ファンに見せておりました。
今回の動画ではまずこのバンタム級グランプリについて
出ている情報の整理、朝倉海さんや、
平本選手や井上選手のマネジメントを担当されているヒラタさんの
このトーナメントへの意見をもとになぜ不満を示しているのかの考察、
そして最後に朝倉海さんの現在の状況について
動画最後までを通じて皆さんと見ていきたいと思います。
早速話題に移ります。
このRIZINバンタム級グランプリについて
今でている情報を整理すると
榊原社長は日本人16人でスタートすると、
4月東京ラウンド、5月大阪ラウンドで勝ち上がった8人が
秋にバンタム級日本GPの準々決勝を行い、
大晦日に“堀口を除いた”日本人最強が
決まるとスケジュールを公開しております。
なので堀口恭司選手と戦うタイミングは今年ではなく、
来年の2022年としているようです。
その他にも、今回のバンタム級GPについては
「朝倉海選手には伝えたのか」と記者から聞かれると
「いやしていない。嫌なら出なければいい。
堀口に届かないだけなので。
負けるってそういうことだから。
特別扱いはないので。だけど、
そのGPにしっかり勝てばもう一度堀口にも
『ここまでやったんだからやれよ』という説得力はあるでしょう。
これが一番、海にとっては近道だと思います」と
あくまでも堀口選手と3戦目をしたいのであれば、
トーナメントに出て実力を示せと発言しております。
これらの発言を受けて、朝倉海さんは
「バンタム級、俺の階級ですね。16人トーナメントをやります、
みたいなことを社長が会見で言ってたんですけど……
正直、俺は何も聞いていません。
なので何も分かっていなんですけど、
まあ、正直な感想としましては、何で?っていう感じですよ。
ぶっちゃけ」と、不満を明らかにしておりました。
朝倉海さんは堀口選手との3度目の試合について、
以前の動画では、
「周りが堀口選手との再戦を望んでいないのは感じているが、
来年にはまた闘いたい」とのべておりました。
海さんももう27歳なので、最終目標としている
UFCで王者になるということも頭に入れると
リミットも迫っている為焦りを感じることもあると思います。
以前堀口選手に勝てば、RIZIN側にもUFCに移籍したいという旨を
正式に伝えたいとYouTubeチャンネルで話されていたため、
堀口選手と戦いたいと発言されているのかもしれません。
ただ、もしUFCからオファーがあるのであれば堀口選手に負けたものの、
UFCに挑戦するのもありかなとは思うところです。
確かに、RIZIN元王者である、マネルケイプ選手がUFC5位に
ランクインしているパントージャ選手に判定負けをしてしまいましたが、
デビュー戦ということもあり、それが朝倉海さんが
UFCで一切通用しないというわけでもないと思っております。
ある格闘技ファンの方は、ガチで海がRIZINに不満あるなら、
全然UFCに行っても良いと思う。どれだけ好条件かは分からないけど、
契約自体はしてくれるんじゃないかな。
RIZINが放してくれるか分からんけど。とのべておりました。
朝倉海さんも27歳で年齢的にもリミットが迫る中、
堀口選手との再戦が今年2021年どころか、
2022年に先延ばしになったことでトーナメントへの不満を
あらわにしたと思われます。
その他にも、朝倉海さんとしては、2019年の8月に
行われたRIZIN18で堀口選手に勝利をし、
リベンジマッチとして、2019年の大晦日に
堀口選手とのタイトル戦をと考えていたはずです。
ただ堀口選手の怪我により試合ができなくなった為、
堀口選手の怪我が治る2020年の12月までRIZINのリングで
待ったということもあり、またトーナメントという形で
UFCへの挑戦ができなくなるという焦りがあるのかもしれません。
このトーナメントについては朝倉海さんのみならず、
平本選手や井上選手のマネジメントを
ご担当されているヒラタさんも考えを持っているようです。
というのも、
ある格闘技ファンの方が、「堀口不在の1年半を盛り上げた
朝倉海が、たった一度の敗戦で他の15人と同列に扱われてしまうのは
腑に落ちないだろうね。でも年末に言った
「堀口恭司を引きずり出す」を実行するには
トーナメント制覇は説得力あるけどな」とつぶやいた所、
それ凄くわかります!元谷選手に圧勝した井上直樹選手も、
なんであと四試合しないとタイトル挑戦できないの!?
と思って当然だと思うんで、朝倉選手なら尚更かと。
しかも16人トーナメントなら、明らかに朝倉選手、
四天王よりも実績とキャリアの劣る選手が入るのは明白なんで、
なんで朝倉選手や四天王、それを倒した選手がトーナメントに
出ないといけないの?と思うのは仕方がないかと……..
けど日本のMMAを盛り上げるには!という見方もあるから…..
難しい所だと思います。と述べておりました。
確かに、ヒラタさんの言う通り、バンダム級四天王の元谷選手に
勝利をおさめた井上選手も堀口選手に挑戦するためには
他のバンタム級選手と同じ様に4試合をこなさないといけないとなると、
いばらの道だなと思います。
個人的な意見としては、朝倉海さんがRIZINで
どのような契約を結んでいるのか(何回あと試合を行う必要がある等)は
わからず、またUFCからそもそもオファーが
来ているのかはわかりませんが、来ているのであれば、
挑戦するのもありなのではないかと思いました。
朝倉海さんとしても考えがあると思うので、
近々行われるであろう動画公開が楽しみです。
朝倉海さんといえば、去年、2020年8月10日に行われた
RIZIN23で扇久保選手に1RでTKO勝利をおさめ、
約1か月後の9月27日に行われたRIZIN24でも
昇侍選手相手に1RでTKO勝利をおさめ、大きな怪我なく、
試合を終えております。
ただ年末のRIZIN26で堀口選手と戦った時には
1Rでカーフキックをもらい
1月7日に公開された動画の中では、MRIを撮って、
骨は大丈夫で靭帯も問題なく筋断裂で、
全治1ヶ月半って言われた。とご発言されておりました。
治療期間は上半身のトレーニングに集中するとし
3月の試合には間に合うと話しており、
そこで復帰戦ができると思いますので、
皆さん楽しみにしていてください」と締めくくっておりました。
そして、最近でいえば、ご自身のTwitterで
復活という言葉とともに、怪我を感じさせないフットワークで
シャドーをする姿を格闘技ファンにみせており、
また昇侍選手らとスパーリングしている所をみせております。
その時にはちょっとでも足に不安があったら
3月は出ずに4月にでたいと思いますので」と述べておりました。
榊原社長は朝倉海は地元の愛知県での大会開催なので、
出たい気持ちはあると述べており、
また朝倉海さんも昨日上げた動画で
「3月21日に名古屋でRIZINが発表されましたけど、
まあ、そこ地元だし、」と3月の試合へ
参戦することもにおわせております。
ただ、「足の調子はだいぶいい。
まだ蹴りを喰らうとちょっと怖いかなって感じ。
足の心配とかしてくれるファンの方も多いけど、
順調に回復しているので、そこはしっかり安心してもらって。
出来るだけ早い段階で試合に復帰できるようにしますんで」と
重ねて足の調子は良くなってきたことをファンに伝え、
「でも万全の状態で挑みたいんで、
たしか3月末に名古屋でRIZINやると思うんですけど、
それは様子次第で、万全ならいこうと思うし、
ちょっとでも不安があったら4月に出たいと思いますんで、
その時はまた応援よろしくお願いします」とのべておりました。
もうすでに10試合が発表されております
以上今回は朝倉海さんがバンタム級トーナメントに関して
驚きをしめしたことについて振り返りましたが、
是非皆様のこの朝倉海さんがトーナメントに
いちから参加することに関してのご感想を
コメント欄でお聞かせくださると嬉しいです。
今度あげる動画では、朝倉未来さんの
このフェザー級トーナメントに関して発言を深堀した動画、
また2月21日に開催されるDEEP100で戦う予定の朝倉未来チャレンジ生の動画
についてもあげる予定ですので、是非チャンネル登録してお待ちください。
また動画が少しでもよかったら高評価ボタンもおしてくださると嬉しいです✨
ご視聴ありがとうございました。別の動画でもお会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました