スポンサーリンク

【圧倒的勝利】RIZINバンタム級王者朝倉海が扇久保に勝利した「理由」

スポンサーリンク
RIZIN
スポンサーリンク

皆様ごきげんよう

8月10日、横浜で開催された『RIZIN.23』で朝倉海選手は、扇久保選手に1ラウンド4分31秒、レフェリーストップによるTKO勝ちを収め、第3代RIZINバンタム級王者になりました。

今回の動画では朝倉海さんが圧倒的勝利を収めた理由を彼の発言内容や、他のトップ選手の分析を交えてご紹介します。

尚このチャンネルでは朝倉兄弟に関連することを更新しますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします。

早速話題に移ります。

スポンサーリンク

朝倉海が扇久保博正に勝利した理由

まず勝利要因として一つ目に朝倉海さんの作戦内容があげられます。

朝倉海さんはインタビューで、

「作戦通りに試合は進みました。僕の方がリーチが長い。だから僕のパンチだけ当たって扇久保選手のは届かない距離を意識して作ったんです。

とのべています。

公式のサイトでは海選手が172cm、扇久保選手が身長160cmなので、かなりの身長差はあります。

ちなみに堀口恭司も試合前に朝倉海対扇久保戦の対戦予測をしていまして、海さんが勝つと予測していました。

理由の1つ目に海選手は小さい選手と戦うのが得意で、海選手が扇久保選手と十分な距離を取り続けられるからということ。

とのべられていました。

また朝倉海さんは兄未来さんと、扇久保選手の練習試合を何度もみて弱点を見つけそれに合わせて試合を組み立てたのも理由の一つかと思います。

朝倉海さん曰く、

「扇久保選手の過去の試合映像を観て研究もしました。

その中で、下を向くクセがあることもわかったんです。だから、アッパーとヒザ蹴りは狙っていて、それがズバリ当たりました」と述べています。

ちなみに扇久保選手はその癖をご自身でも認識しているのかSNS上で、ファンからの

『なぜパンツを気にされていたのはローブローだったのですか?』

という質問に対して

『癖なんです。』とご回答しております。

第1ラウンドの終了間際、海選手は、そのクセを見逃さず、扇久保選手にアッパーを放ちます。
顎を打たれた扇久保は、横を向きコーナーへ下がりました。

そこに飛び膝蹴り。扇久保がダウンし、四つん這いになると、そこにパウンドの嵐。

そして最後にサッカーボールキックで扇久保選手の体を起こさせ、2発目のサッカーボールキックが、扇久保の顔面をまともに蹴り上げると、レフェリーが間に入って試合を止めました。

ちなみに朝倉海さん曰く、レフェリーストップがはいらなければ、なんと3発目のサッカーボールキックを打とうしていたらしいです。

扇久保選手は2発目の後も意識はあったと述べていますが、レフェリーストップのおかげで大きなケガ等なく試合を終えれたのかもしれません。

他にも海さんのYoutubeチャンネルでも言っていましたが、扇久保選手は打ち合いの際にガードを固める癖があるから、ボディも打ちやすくなるといっていました。

ちなみに格闘技雑誌GONG格ではマネルケイプ選手が朝倉海対扇久保戦を予測しており、その中で朝倉海は扇久保戦後殺人者として留置場送りになるのではないかと述べていましたが、圧倒的な差で勝利を予測しておりました。

他にも大沢ケンジさんも試合レビューをしていました。大沢さん曰く、

『パンチの能力には差があり、朝倉海のパンチが思ったよりもうまい。

試合後扇久保に直接聞いたが、今回扇久保はタックルではなく、打撃でいくようにしていた為、負けたのではないか。』と分析していました。

大沢ケンジが言っていましたが、打撃で勝負を進められるようになると、タックルいくのがつかれる。打撃でいくようになって活躍した選手ではあるが、年を重ねると疲れてるため、打撃能力にレベル差があるのに海選手に打撃でいこうとしたのが敗因の一つとしておりました。

ちなみに扇久保選手について紹介した記事もありますので、あわせてご参照ください。

朝倉海が扇久保博正に勝利した理由―セコンドの助け

次にセコンドの助けも勝因の一つであると思います。

 試合中、セコンドの声(兄・未来の声)もハッキリと聴こえました。その通りに動いて勝てたんです」と朝倉海選手は述べています。

実際に私自身、大会に行きましたが、RIZIN運営側から声援等が禁止されていました。なのでセコンドの声が観客にもよく聞こえておりました。

またメンタル面も勝敗要因の一つです。

冷静に試合を進められたというのも海さんの口からも他の選手からも分析をされていました。

ケイプ戦と比して、今回の朝倉は落ち着いて試合を進めらたようです。

大晦日、朝倉はケイプの勢いに飲み込まれまいとして冷静さを失い、相手の動きを見定められずに相手のパンチを多く受け、負けたのではないかといわれておりました。

今回の扇久保戦では、1ラウンド前半に攻め込みたくなる局面はありましだが、セコンドの声にしっかりと耳を傾けて距離を保つことを守り、攻め入るべきチャンスを待てたと思われます。

朝倉海が扇久保博正に勝利した理由―練習内容

最後に練習内容にもあると思います。

朝倉海さん曰く、

『テイクダウンを取られない自信もありました。パーソナルでフィジカルのトレーニング指導も受け、大晦日の時とは比べものにならないほどパワーもつけてきましたから」と述べています。

「大晦日に負けて自分の弱かった部分が、よくわかりました。それを消すために練習場所を変えて、練習量も増やし、兄貴と一緒に練習する時間も多く持ちました。」

と述べています。練習場所というのは皆さんもご存知かもしれませんが、ボクシングのチャンピョン内山選手の所だと思われます。

ちなみに、榊原CEOも朝倉海さんを試合後絶賛しておりました。

「ケイプとの敗戦が彼を強くしてリングに戻したんだなという気がした。堀口戦がフラッシュバックするくらい圧勝だった。夏に強い海だ。ファーストコンタクトを含めて最初からペースを握り決められるタイミングまで待った。と絶賛しておりました。

朝倉海vs堀口恭司の年末の闘いがやはり楽しみ!

朝倉海選手は今回バンタム級王者に輝きましたが、年末には堀口選手との闘い、その闘いに勝てばUFCへの挑戦となると思います。この試合も楽しみですね!

ちなみにUFCの紹介記事がありますので、ご興味ある方は合わせてご確認ください。

また何故朝倉海選手が扇久保選手に勝てたのか皆さんのご意見もコメント欄に頂けますと嬉しいです!

以上今度朝倉未来さんに関連する動画を更新しますので、

少しでも動画がいいなと思ったら是非チャンネル登録と高評価ボタンを押してくださると嬉しいです。

貴重なお時間を取って頂き、ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできることを楽しみにしています。

404 Not Found
タイトルとURLをコピーしました