スポンサーリンク

堀口恭司 ベラトールでのタイトルマッチが決定!日時は12月4日9時から!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

堀口恭司さんベラトールタイトルマッチ

堀口恭司 ベラトールタイトルマッチ日本時間 日時

12月4日9時から

堀口恭司 ベラトールタイトルマッチ場所

アメリカ

堀口恭司 ベラトールタイトルマッチ視聴方法

U-nextの独占配信!

以下31日間無料トライアルの間に解除すれば無料で見れます。

堀口恭司さんのベルト戴冠は見逃せないですね!

以下登録公式サイト

以下ブログで登録方法を徹底的にまとめております。

堀口恭司 ベラトールタイトルマッチ 対戦相手

ペティス

堀口恭司 ベラトールタイトルマッチ 決定を受けてのコメント

関係者のコメントについてみていくと、
堀口さんはタイトルマッチが発表されると
「試合が決まりました。ベルト取りに行きます!!」と
投稿しております。
RIZINの榊原代表は「堀口恭司がRIZINバンタム級王者として、
Bellatorバンタム級王者に挑む機会を設けてくれた、
スコット・コーカー代表には改めてお礼を申し上げたい。
そして今回の堀口恭司の挑戦は、ここから始まるRIZINと
Bellatorの画期的な取り組みの序章にすぎません。
ここから、それぞれの団体の威信をかけた戦いが繰り広げられることに
なるでしょう。どうぞみなさまご期待ください」と声明を発表し、
この試合は始まりに過ぎないと、他の階級での交流戦も含めた
大会の開催について言及しておりました。
また記者会見では、この場でいっておきますが、堀口恭司が勝ちます。
来年彼は忙しくなるでしょう。
と堀口さんの勝利を断言しておりました。
加えて、
2年前に返上したベルトを奪取すべく、恭司が再びBellatorに
乗り込みます!
“RIZIN王者”の誇りを胸に、Bellatorの王者に必ず返り咲いて
欲しいです!
恭司なら出来る!と堀口選手の背中を押す発言をしております。
何度も堀口恭司が勝つと色々な所で話されており、
RIZINでは多くの選手が戦っておりますが、
堀口選手への信頼を特にされていることがわかる発言をしておりました。
またベラトールのスコット代表も「王者対王者が組まれる時は
いつだって格別なイベントになる。セルジオ・ペティスと
堀口恭司がBellatorの世界タイトルをかけて12月3日に戦う事を
大変嬉しく思う。RIZINとの強い絆があるからこそ過去にも
数々のビッグファイトを組むことができ、
2022年以降も継続されていく事だろう」とこちらも改めて
RIZINとの交流戦を含めてアピールしておりました。
恐らく来年にはコロナも今より落ち着き、外国人が日本に入ってくる、
もしくは日本人がアメリカで戦うという光景も多く見られるように
なるのではないでしょうか。
逆に対戦相手のペティス選手は
かつてのバンタム級王者の堀口選手を相手に、初めての防衛戦が
できることを嬉しく思いますとインスタグラムで投稿を
行っておりました。
既にペティス選手は約1か月前に私のベルトを守る準備は
できていると投稿しておりますので、
前々から堀口さんに向けて対策は練られているとおもいます。
ペティス選手といえば、2013年から2019年までUFCで戦い、
現在4連勝中の勢いにのる選手です。
戦績についても21勝、5敗と好成績を残しておりますので、
そう簡単にベルトを奪還できるとは思いませんが、ATTの戦略と
堀口さんの戦いには注目です。
そして現在ペティス選手が所属しているルーファススポーツで
修業している平本蓮選手は、
セルジオは強さも人間性も全て尊敬できる人
純粋にこの試合が楽しみ!と投稿し、
加えてセルジオの試合生で見たすぎるから帰る便変えようかなと
生観戦も考えているようでした。
また堀口さんとも戦った那須川天心選手はRIZINの投稿を
リツイートしており、
石渡伸太郎選手は、
もうこの試合に関しては日本で1番語れる!!と堀口さんとも
戦ったことがあり、ペティス選手とも練習をしたことがあることを
踏まえてか発言しておりました。
最後に前回堀口さんに負けてしまいましたが、
RIZINバンタム級トーナメントで活躍中の朝倉海さんは
特にこちらの件について投稿はしておりませんでしたが、
堀鉄平さん曰く、新しい車を買うべくデーラーに
でむいているようでした。
ちなみにヒラタさんは以前
契約内容とかチャンピオン規約を考えたら「ベラトール経由でUFC」は
極めて可能性が低く、同じESPNでオンエアしているPFL経由で
UFCの方が可能性が高いのは、他の選手を見てもお分かりになると
思います号泣だからこそ堀口選手にはベラトールで勝ちまくって
防衛数回して、UFCに復帰して欲しいです、と今回の試合以降のことを
見据えて初めての日本人でUFCでもベルトを取れる可能性がある
堀口さんのことを応援しております。

以下公式登録サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました