スポンサーリンク

【RIZIN31】牛久に負けた齋藤裕が朝倉未来のいう華について持論を展開

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!MMAの大ファンです。
本日の動画では齋藤選手が試合後に華があるないについて
持論を展開していた件と、
青木真也さんが、今回のRIZIN31への総括について
コメントしていた件について深堀をしていきたと思います。
是非今回の動画最後まで見ていただいて、
皆さんの今回取り上げた選手の発言への
ご意見をコメント欄で教えて下さい。
(投稿直後はコメント返信中!CH登録、通知ボタン忘れずに!)
早速話題に移ります。
大会前には朝倉兄弟、那須川天心、堀口恭司と出場がない大会であり、
試合の直前になっても
チケットが売り切れなかったということで格闘技ファンの心配の声が
上がった、RIZIN31ですが、
実際蓋を開けると、全11試合のうち9試合がKOもしくは一本勝利で
終えた神大会でした。
中川翔子さんも
メインまで見終わりました、波乱な展開、あたらしい風、
ほんとに神興行でしたね!面白かったと
感想を述べております。
今年初めに愛知県で行われたRIZIN27もメインを浜崎選手が
務めたものの、
大会前には格闘技ファンからはカードが面白くないと今回の大会と
同じく酷評されていましたが、
こちらも14試合のうち8試合がKOもしくは1本勝利で終え、
格闘技ファンからの
評価が高い大会の一つになっております。
なので、意外と始まる前に不評の大会が素晴らしい回になる可能性が
あると思ってもいいかもしれません。
今回沖縄大会も誰がPPVを買うんだと酷評されておりますが、
試合が始まってみれば、
皇治選手が今までの負けを覆すようなKO勝利で
盛り上がることもあるかもしれません。
(信じるか信じないかはあなた次第です)
そして今回、大会メインを務めた齋藤選手ですが、
朝倉未来さんから、選手として華がないし、求心力もない。正直。
俺は王者失格だと思っていますと
完全に煽られていました。
また試合直前なのにも関わらず、
華があるっていうか、その人の試合をどれだけの人が
見たいかだと思う。
今週のPPVは一体どれくらい売れるのか。
斉藤選手は華がない発言でだいぶ効いてる印象。
そして1番重要なことは、いま俺の方が強いと思う。
と立て続けに華があるかないかで、強烈な煽りを受けておりました。
朝倉未来さんなりにRIZIN31を盛り上げようとしたのかなと
解釈しており、
年末斎藤裕vs朝倉未来2をやる流れにもっていくのかなと思いきや、
結果牛久選手に齋藤選手は負けてしまい、その流れは
いったん白紙となりました。
齋藤選手は、負けた後に自身のTwitterで
試合の度に流血して怪我して、試合の度に罵倒されることに
慣れてきて色々と麻痺してきた。
試合で負けたのは自分の責任であり、サポートしていただいた方々の
せいではありませんので、
ご理解いただけると嬉しいです。
傷は思ったより早く治りそうです。
多数の温かいメッセージに、心遣いを感じます。ありがとうございます。
と斎藤選手も、今までも試合に負けるたびになじられていたことを
明かしております。
そして、今回齋藤選手のセコンドにつかれた石渡さんが負けた理由では
ないと述べておりましたが、
石渡さんはライブをされた際には
「敗戦は斎藤だけの責任ではなく、選手5割・セコンド5割」と、
セコンドにも責任があったとのべられ、
ライブ後にはアンチブロック班をつけてやります!ファンの皆様に
はご迷惑をおかけしました。
とつぶやく等今回の敗戦へのコメントが石渡さんの所まで
届いていたことを明かしておりました。
そして、齋藤選手は朝倉未来さんから華がないとなじられて
いたことについても自身の意見を述べており、
未だに華がどうとか言われ続けていますが、華があるないが
正直よく分からないので、
その人が華を感じるならいいんじゃないかと。
あまりにも色々な人から聞かれますが、本当にその人が感じる華で
いいと思います。
と自身の華への考え方を述べておりました。
あまりに色々な人から聞かれますが、との言葉がありますが、
確かに齋藤選手はこの試合を迎える前に記者会見等で朝倉未来さんの
華がない発言について問われる
質問等が多かったと思いますが、その度自分なりに選手としての
華の定義を考えていたんだなと思う所です。
今回は負けてしまいましたが、朝倉未来さん、ケラモフ選手と
RIZINフェザー級の強豪選手に
勝利をしているので、格闘技ファンからは
早い復帰がのぞまれるのではないでしょうか?
インタビューでは、「回復に時間はかからなくて、
試合が終わってから来週には軽い運動も出来ると、
ドクターから言われています。年内の再起戦を目指しています。」と
話しておりましたので、もしかしたら、
年末のRIZIN33にでるかもしれません。今後に期待です。
次の話題として青木真也さんがされた今回のRIZIN31への
コメントの深堀です。
青木さんといえば、毎回東京スポーツさんから大会に関しての
取材をうけております。
前回も朝倉未来さんがクレベル選手と戦った時のことを
取材受けており、青木さんは
東スポのお抱えご意見番としての立ち位置。と
自身を定義しておりました。
今回の齋藤対牛久のことについても聞かれており、青木さんは
「最近のRIZINって想定していた勝ち負けが崩れることが多い。
これはなぜかというと、結局みんな、
実力がないってことに尽きるんだよ。
外国人選手を呼べないっていうのもあるんだろうけど。
斎藤も、そんなに強くないっすよ。みんなが思っているほどは。
確かに実力的には牛久より上だったと思うけど、その差は本当に多少。」
とRIZINファイターの実力を疑問視しておりました。
確かに勝利してほしいというバイアスがかかっておりましたが、
朝倉未来対クレベルコイケ戦では、
青木選手含めてプロ格闘家の間では朝倉未来が勝つのではという予測が
たてられておりましたが、
結局クレベル選手が勝ちました。
今回もRIZINのリングで何度も戦って王者に輝いた齋藤選手が
DEEPの王者と言えどもRIZINはデビュー戦であった牛久選手に
負けるとは多くの方が予想していなかったと思います。
実際格闘技ファンの方は、誰も牛久が斎藤に勝った場合のことを
想定していないこの感じwwwと試合前に朝倉未来さんと
斎藤選手が牛久選手抜きに煽り合いをしていることを述べておりました。
アメリカの総合格闘技団体UFCでも活躍した川尻選手は
世界との差はかけ離れてるのにコロナ禍で国内戦しか組めず。
それをわかったうえでそれを感じさせない熱狂を生むRIZIN榊原さん
の手腕はさすが。
今の子は国内戦で結果出せば讃えられるんだから頑張らなくちゃですね。
と日本人選手のレベルを暗にしめしております。
そして、続ける形で、青木さんは「基本的に『井の中の蛙』で
レベルに差がないから。
試合後にSNSで『俺は誰とでもやる』とおっしゃった
朝倉未来先生の言葉が正しいと思います。
これからRIZINのフェザー級はガチャを回すような時代になるね。
誰が出てもおかしくない」と述べておりました。
朝倉未来さんは齋藤対牛久の試合が終わると、あー。まあ、
俺は誰でもいいから大晦日求められる相手とやるよ。
なんだかんだでクレベル選手が頭抜けてるよ、今日の2人より強いと
思うと述べておりましたが、青木さんはこちらの発言をもとに
話されているようです。
前回芦田選手に勝利した金原選手もフェザー級は横一線と述べており、
昔日本で輝いていた格闘技団体の戦極等で活躍した選手から
見ても青木選手と同じ意見をもたれておりました。
個人的には齋藤選手が牛久選手に勝ちUFCのフェザー級王者の
アレクサンダー・ヴォルカノフスキーの様に最初は地味だと
批判されましたが、何度もタイトルを防衛することで
箔がついた選手のようになる展開も面白いなと思った所でしたが、
青木選手が話した通りタイトルマッチごとにベルトを巻く人が
変わり続ける展開はどうなんだろうとは思う所です。
以上今回は青木真也選手の発言についてまとめてみました。
是非今回取り上げた選手の発言への皆さんのご感想について
コメント欄で教えてください。
近々上げる動画では平本蓮選手のRIZIN31の時に
ぽろっと出た衝撃発言に関する動画も公開予定ですので、
是非チャンネル登録してお待ちください。(登録忘れずに!)
また今回の動画がよかったら高評価ボタンをおしてくださり、
通知ボタンもオンにしてくださると
励みになります。(投稿直後はコメント返してます🔥)
以上今回もMMAの大ファンの動画を
ご視聴頂きありがとうございました。
別の動画でもお会いできるのを楽しみにしております。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン

コメント

タイトルとURLをコピーしました