スポンサーリンク

【超朗報】朝倉未来チャレンジ畠山祐輔がDEEPメインに抜擢!対戦相手も平田樹の兄直樹!

スポンサーリンク
asakura-mikuru-challenge-hatakeyama.DEEP
asakura-mikuru-challenge-hatakeyama.
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!
年末のRIZIN26に向けて格闘技ファンが
盛り上がる中、12月19日にも、
総合格闘技団体DEEPが今年最後の大会を開きます。
その試合には朝倉未来チャレンジ生3名が
出場することが決まっており、DEEP運営側も
未来を変えて見せるというキャッチコピーの下、
朝倉未来チャレンジ生のポスターを作製するなど、
未来チャレンジ生を全面に押し出す形
となっております。
また既に試合順序も決まっており、
最初に西谷選手、そしてヒロヤ選手、
そして大会最後を締めくくる形で畠山選手が
試合にでるようです。
今回の動画では朝倉未来チャレンジ生の中で
最後に試合をする畠山選手とその対戦相手となった、
平田選手のご紹介をいたします。
平田選手はシンガポールの格闘技団体ONEでも活躍する
平田樹(いつき)選手の兄として知られており、
中学から大学まで柔道の名門国士舘で練習を
積んできたかなりの強敵です。
また朝倉未来チャレンジ生の今までの試合は
デビュー戦である、DEEP96では最初の三試合で、
また次の試合が行われたDEEP98でも
最初の3試合目になっておりましたが、
ついに朝倉未来チャレンジ生の一人が大会のメインを
任せてもらえるまでに成長したことにも注目です。
それでは早速畠山選手の詳しいご紹介にうつります。
誕生日は1997年生まれの23歳、出身は奈良県です。
身長は168cmで、デビュー戦はライト級で試合に
出場しましたが、今は体を絞り、
66キロのフェザー級で試合にでております。
所属ジムは現在はトライフォース赤坂ですが
上京するまでは3年間ほど警察官として勤務をしつつ、
地元のジムでアマチュア修斗などに参加し、
プロ資格をえていたそうです。
警察官時代には万引き犯などを捕まえた経験が
あると語っていました。
また柔道を10年間続けており、高校時代には
全国大会出場歴あることから寝技中心の選手です。
戦績についてはアマチュア時代には、
アマチュア修斗関西選手権のウェルター級で優勝し、
全日本アマチュア修斗選手権にも出場するなど、
未来チャレンジに挑戦する前から実績を
積み重ねてきた選手です。
先日販売されたFight&Lifeのインタビューでは
「自分のやりたい格闘技だけに集中できるの
最高です。
普通仕事をしながら、格闘技をやるので
こんなに集中できなと思うんですけど、
今はほんまに格闘技だけなので、
地元の奈良ではウェイトのジムでバイトを
していたが、疲労していたので、
けがが多かったことにふれ、格闘家として、
最重要項目である、練習を朝やることは
格闘家として正しい姿だと感じているそうです。
未来さんが畠山を選んだ理由として、
「分析力も高く、総合的にレベルが高かった。
でも格闘技の世界は強い人がたくさんいるから
頑張ってほしい」と語っていました。
プロ戦績は2戦、判定勝ちによる一勝と
一本勝利を収めています。
ちなみにプロ1戦目の対戦相手はコンゴ共和国出身の
BRAVE所属のレバナ・エゼキエルでした。
試合内容としては、終始畠山が試合をリードし1Rも、
2Rも相手をタックルして馬乗りになり、パンチを
上から浴びせていました。
結果として2R判定3:0で勝利をおさめております。
プロ2戦目の相手は、未来さんと同じ豊橋市出身の
健吾選手でした。
内容は、第2ラウンドは畠山選手が開始30秒で
テイクダウンを決め、そのあとも第一ラウンドと
同様に畠山選手が寝技で圧倒し、
1分57秒、チョークスリーパーで勝利しました。
ちなみにRIZIN26で未来さんとも試合をすることが
決まったドミネーター聡志選手がこの試合では
解説者として試合をみており、畠山選手の動きをみて、
寝技が本当にうまいと絶賛しておりました。
プライベートの話にはなりますが、
畠山は母子家庭だそうですが、
警察官を辞めることを止めないで格闘家になる夢を
応援してくれた家族への期待も格闘技を
頑張る原動力のようです。
また前回の試合で勝利したことにより、
青汁王子からの支援金額が増え、奈良県の時に
出会った彼女を東京に呼び寄せ同棲生活を
始めたそうですが、彼女の為にも試合に負けれない
と述べておりました。
今回の試合への意気込みは「前回の試合では、
KOや一本勝利をおさめているものの、
自分自身は思い切りが足りなかったと
自覚しているらしく、3人の中で一番目立つ試合を
するといっていました。
個人的には未来さんのYouTubeの
スパーリング動画の中でRIZINで朝倉海選手とも
戦った昇侍選手との練習できれいに一本を取っており、
次の試合に期待させるような動きをしていたことです。

今回今年最後の DEEPをまかされたのも、
朝倉未来チャレンジ生の中でも唯一負けたことがなく
実績を積み重ねていることからだと思われます。
またこの後紹介しますが、平田選手も既にONEで
活躍中の平田樹選手の兄であり、
両名ともに格闘技ファンの注目が集まることから、
DEEP代表の佐伯さんからも大役をまかされたはずです。

今まで畠山選手の紹介をした所で、
次に対戦相手の平田選手のご紹介に話を移します。
出身は東京都、足立区です。
階級はフェザー級で活躍中です。
所属ジムは平田樹(いつき)選手と同じくK-Clanです。
ただ柔術については朝倉兄弟の所属している
トライフォース系列のジムで練習に
打ち込んでいるようです。
中学生の時から大学まで柔道の名門である
国士舘大学の寮にはいって柔道に
打ち込んでいましたが、今年の3月に卒業したそうです。
畠山選手は寝技の得意な選手なので試合は
寝技対決になるかもしれません。
戦績については、プロ戦績では1戦1勝です。
デビュー戦はDEEP98で2017年度プロ修斗フェザー級
新人王をとった星野選手でした。試合内容は1Rで
腕十字で文句なしの勝利をおさめておりました。
平田選手曰く、「自分のなかで柔道技に頼り過ぎず、
しっかりMMAで戦おうと決めていて、テイクダウン、
パウンドでもヒジを使ったりヒザを突いたりしようと
決めていました。それがちょっとでも出せたのは
良かったです」と寝技だけではなく、
打撃についても自信をのぞかせておりました。
また一緒に練習をつみかさねてきた平田樹選手は
試合をみて、「一本勝ちは良かったとは
思いますけど、
自分だったらもっと殴っているかな、と。
本人としてもすごく練習をしていたので
前回の時よりはMMAが出来ていたように思います。
もっとブン殴ってほしかったと言っておいて
ください(笑)」と述べていたようです。
アマチュア時代には2019年の2月のアマチュア
総合格闘技トーナメント『DEEPフューチャーキング』
で、なんと初戦からアゴを骨折しながらも
優勝しております。
今回の試合に向けては試合決まりました!
しっかりと勝ちますと意気込んでおりました。
また妹の樹選手とはこの流行病の中一緒に練習を
しているらしく、「兄と一緒にトレーニングをしている。
走ったり、ミット、腹筋などの体幹トレーニングを
したりしている」と樹選手もはなしておりました。
「兄は寝技が得意で、試合前はいつも寝技を
教わっている。
いつも自分の先生のような感じ。柔道をやっていた時も、
寝技はほとんど兄に習っていた。
動きの練習はいつも兄としている」と
樹選手に寝技の指導ができるレベルだそうです。
以上今回はDEEP98で試合が決まった、
畠山選手と平田選手について取り上げました

コメント

タイトルとURLをコピーしました