スポンサーリンク

【過去最強】朝倉未来チャレンジ西谷大成が高塩竜司と今年最後のDEEPで大激突

スポンサーリンク
201219deep-3-takashio-nishitani.-asakura-mikurujpgDEEP
201219deep-3-takashio-nishitani.-asakura-mikurujpg
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!
年末のRIZIN26に向けて格闘技ファンが
盛り上がる中、12月19日にも、
総合格闘技団体DEEPが今年
最後の大会を開きます。

スポンサーリンク

2020年12月19日に朝倉未来チャレンジ生の出場が決定!

その試合には朝倉未来チャレンジ生
3名が出場することが決まっており、
DEEP運営側も未来を変えて見せる
というキャッチコピーの下、
朝倉未来チャレンジ生のポスターを
作製するなど、未来チャレンジ生を
全面に押し出す形となっております。
また既に試合順序も決まっており、
最初に西谷選手、そしてヒロヤ選手、
そして大会最後を締めくくる形で
畠山選手が試合にでるようです。
今回は朝倉未来チャレンジ生の
試合で最初に試合をする西谷選手と
その対戦相手となった、
高塩選手のご紹介をいたします。
それでは早速話題にうつります。

西谷選手 プロフィール

まず西谷選手のご紹介です。
年齢は23歳で、

身長は171CMです。
フェザー級で活躍中で、未来チャレンジに
挑戦する前は建設業界において
自営業としてご自身の会社を経営していたそうです。
学生時代は野球、レスリングなどを
経験していたそうで、その後自営業の傍ら格闘技をして
いましたそうですが、今回は仕事を辞めて格闘技にかけているそうです。
戦績については、アマチュア時代には地下格闘技にもでていたらしく、
進撃の小僧というリングネームだったそうです。

西谷選手 戦績

プロ戦績については2戦、1勝1敗です。
プロ1回戦目の対戦相手であった
岩永選手はレスリングで全日本大学選手権
フリースタイル66kg級2位の実績を残している方でした。
ただ西谷選手は1Rで後ろからの首絞めである
バックチョークで文句なしの一本勝利を収めていました。
ちなみにこのバックチョークは試合した後の
祝勝会で語られていましたが、練習では
してきてなかったが初めて試合で使い、決まった技だそうです。
プロ2戦目は未来さんや、金太郎選手、
そして陸斗選手にも勝利をおさめたことがある、樋口選手でした。
内容としては第1ラウンドで樋口選手が
2分28秒でタックルきめたそのまま、
1R3分24秒ヒールホールドで勝ちました。
ちなみに、西谷選手と樋口選手との間には試合前にいざこざがありました。
9月29日に朝倉未来さんがDEEP98で戦う選手の写真とともに『全勝でいこうぜ』と
ツイートされました。
その後、西谷選手の対戦相手である、
樋口選手が一言「舐めんな」と反応されました。
でその後、西谷選手がそのツイートに対して
「舐めていると思っていてください」と反応しました。
その後樋口選手がそのツイートに我慢できなく
なったのか「ぶっ壊してやるよ。残念だったな。
お前だけ青汁1年チャレンジはこれで脱落だ」と
発言し、「西谷たいせい許さん」と怒りを
あらわにしています。
そしてまた続ける形で誰から生活を支援して
もらえるわけでもなく、クラブの(ガードマンとして)
身体を張って店を守り金稼いで同時にみんな格闘技を続けてきました。
うちの会社はそんな奴らの集まりです。と発言し、
今回衣食住を青汁王子からサポートされている
西谷選手を批判する形で煽りあいが試合まで
続いていたくらいでした。
ただ試合後には樋口選手の健闘をたたえてか、
西谷大成選手ありがとうございました。
パンチ痛くて効いたし右脚靭帯伸びたし、強かった。
人ってこんな短期間で強くなれるんですね。
本人の努力は勿論のこと。
トライフォース赤坂さんという、
素晴らしい環境でしっかり練習出来てるのが
闘ってよくわかりました。
と西谷選手を勇気づけるコメントされていました。
ちなみに今回のプロ3戦目に向けては、
未来さんのYouTubeチャンネルの中では、
「前回の試合では足りない所がいっぱい
あったので、とにかく穴が消せたらいいです。
派手な試合をして言うことがない結果を残します。
と意気込ごみ、ご自身のTwitterでは3戦目やるぜと、
前回の敗戦から復活する決意を述べておりました。
最近の練習は特に気合を入れているのか、
バキバキのバキしか勝たんと朝倉未来チャレンジ生と、
陸斗選手らと基礎体力をつけるためのトレーニングに
励んでいる所をファンにみせておりました。

2020年12月19日Deep出場! 高塩選手 プロフィール

次に対戦相手である高塩選手のご紹介に移ります。
生まれた年は1995年生まれの25歳です。
出身地は栃木県で
身長:175cmです
所属ジムはKIBAマーシャルアーツクラブで、
朝倉海さんと戦った、昇侍選手や、矢地選手に
勝利した大原選手らが所属しております。
バックボーンは中学時代と高校時代に柔道を
していたそうです。
柔道がバックボーンにあるものの、パウンドでの
勝負を終えるなどストライカー(打撃中心)
気質な所があります。
獲得タイトルは DEEPフューチャーキング
トーナメント2015 ライト級で優勝しております。
格闘技を始める前には警察官だった為、
計量中や試合に勝利した後は敬礼ポーズをすることで有名です。
現在はサラリーマンをしつつ、格闘技をされているようです。

高塩選手 プロフィール

戦績については2016年にプロデビューを果たしており、

今まで、14戦 4勝 8敗 2引き分けです。
高潮選手はそれを振り返り、負けすぎと
自分では述べていましたが、今までなかなかの
強い選手と戦ってきております。
例えば、未来さん、金太郎選手そして、今回
対戦する西谷選手にも勝利した樋口選手と戦った
ことがあり、勝利をおさめております。
この時にはなんと樋口選手に上からのパウンド
連打で1R3分43秒でTKO勝利をおさめております。
ちなみに樋口選手は眼窩底骨折をするほどの
ダメージを受け、復帰戦が前回の西谷選手との
試合でした。
そのほかにもトライフォース赤坂所属の佐々木選手
とも試合をし、海さんや、堀さんのセコンドが
ある中でも、2RTKO勝利をおさめております。
そして、RIZIN22にも出場したことのある
神田コウヤにも1R8秒で上からのパウンドで
TKO勝利をおさめております。
神田選手はダメージが強すぎたのか自分一人では
立てず、リングをセコンド陣にかかえて
もらいながら退場しておりました。
また今回未来さんとRIZIN26で試合が決まった
ドミネーター聡志選手とも2017年に後楽園ホールで
試合をしたことがあり、この時には1R3:57に
センタクバサミで、一本負けをしてしまいました。


高塩選手曰く、「この試合が終わったら、
もう格闘技を辞めようと思っていた自分を
もう1度奮い立たせてくれた、本当に人生の
ターニングポイントになった試合。」とのべており、

ドミネーター聡志選手も

「いい大人が精一杯何かに取り組めば、大なり小なり人様の人生に影響を
与えると思う。対戦相手なんてその最たるもの。次の試合頑張ってください」

とエールを送られて
おりました。今回の試合に向けては次戦、決定しました。
知名度では負けてるので、試合には勝ちます。
応援よろしくお願いします!と、
朝倉未来チャレンジ生との比較をしつつも、
勝負には勝つと発言しておりました。
また、自分がやりたくてやってる事だし
頑張るのは当たり前だけど、
負担を掛けさせながらも応援して
くれてる家族、練習に付き合って
くださってる会長、
先輩や後輩、ジムの一般会員の方々、
高いチケット代を払ってでも、
自分のために時間とお金を使って応援して
くれる方々のためへの恩返しをしたい。
絶対勝つ。とご家族、ファンの方々のためにも
勝つことを意気込んでおりました。
正直西谷選手に勝利をおさめた樋口選手に1Rで
TKO勝利を収め、またRIZIN出場選手の神田選手を
1R8秒KO勝利する高塩選手と戦うのは西谷選手に
とって相当厳しい闘いになると思います。
ただ西谷選手も2連敗は避けるためにも未来さんとも
稽古をしているので、それを試合で見せられるのか
注目が集まっております。

以上今回は朝倉チャレンジの一人西谷選手と
対戦相手となった高塩選手のご紹介をさせて
いただきました。

なお既に現地観戦のチケットは既に売り切れて
しまっているようです。
ただ、前回の試合同様にネット配信されるます。

おわり

タイトルとURLをコピーしました