スポンサーリンク

【超速報】朝倉未来チャレンジ 西谷大成vs 井上雄斗 試合結果速報 DEEP100

スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!

RIZIN27に向けて格闘技ファンが盛り上がる中、2月21日にも、総合格闘技団体DEEPが今年最初であり、また開催100回目の記念大会を開きました。

その試合には朝倉未来チャレンジ生3名のうち2名が出場しました。

今回の動画ではオープニングファイト2試合目として戦った、朝倉未来チャレンジ生の西谷選手対井上選手の試合結果ついてお伝えします。結果をお伝えした後には両選手の振り返りを行いますので是非最後までみていってください。

また次の動画ではヒロヤ選手の試合結果についてもお伝えする予定ですので、是非チャンネル登録してお待ちください。

それでは早速話題にうつります。

試合結果につては

第一ラウンドはパンチの打ち合いから始まるも、

まずフィジカルの強さが違う井上選手の方が強い井上選手がいきなりテイクダウンをとる。西谷は立ち上がろうとするもまた倒される。

1分半の所で西谷選手が井上選手からのパウンド連打を受ける

西谷大成がアームロックをとろうとする場面も見られるが、バックもとられてしまい、終始井上が上を取り上げます。

3分経った所で離れらるがまたテイクダウン

確実にテイクダウン、パウンドを取り上げた井上選手が試合をとったと思います。試合をみていたかたなら、このままでは負けてしまうと思われた方多かったと思います。そして第二ラウンドになります。

第二ラウンドはハイキックを見せるも、井上選手がこけてしまい、西谷が隙を見逃さず、チョークを井上選手にかけ、2分26秒で試合に勝利しました。

ちなみに両選手試合前には、

西谷選手に若干のハプニングがあり、試合前日の公開計量時間に間に合わず、

司会の方から、『西谷大成選手はまだ計量会場についてないとのことですので、、、』とアナウンスがありました。

格闘技ファンからは、計量に間に合わなかったのではないかと心配されましたが、

同じ朝倉未来チャレンジ生の畠山選手がニッシー計量クリアです。

水飲んでちょっと元気になったけど、お風呂ではかなりキツそうやった

明日は二人とも暴れてくれますと無事計量クリアされたことをコメントされておりました。

正直、計量会場に最初出れなかったことから、かなり過酷な減量を当日に行ったと思われます。

そのダメージが試合に響かないか心配されておりました。

実際トレーナーの上田さんは、サウナで死相出てたぞ(^◇^;)落ちてよかった!と述べております。

西谷選手もいろんな事重なって今があるので、しっかり結果だしますとコメントされております

対戦相手の井上選手は計量をパスし、「本戦に負けないように頑張ります」とのべ、

自身のインスタグラムでは、

計量終了👍 辛かったー😩しっかり回復して、頑張りやすとコメントされておりました。

西谷選手もあるある言いたいー水抜きしたら指の凹み治らないと今回の水抜きがいかにハードだったことを言ってました

今まで試合結果についてお伝えした所で簡単に今回戦った両者のご紹介をいたします。

まず西谷選手のご紹介です。

年齢は23歳で、身長は171CMです。

フェザー級で活躍中で、未来チャレンジに挑戦する前は建設業界において自営業としてご自身の会社を経営していたそうです。

学生時代は野球、レスリングなどを経験していたそうで、その後自営業の傍ら格闘技をしていましたそうですが、今回は仕事を辞めて格闘技にかけているそうです。
戦績については、アマチュア時代には地下格闘技にもでていたらしく、進撃の小僧というリングネームだったそうです。

プロ戦績については3戦、1勝2敗です。

プロ1回戦目の対戦相手であった岩永選手はレスリングで全日本大学選手権フリースタイル66kg級2位の実績を残している方でした。

ただ西谷選手は1Rで後ろからの首絞めであるバックチョークで文句なしの一本勝利を収めていました。

ちなみにこのバックチョークは試合した後の祝勝会で語られていましたが、練習ではしてきてなかったが初めて試合で使い、決まった技だそうです。

プロ2戦目は未来さんや、金太郎選手、そして陸斗選手にも勝利をおさめたことがある、樋口選手でした。

内容としては第1ラウンドで樋口選手が2分28秒でタックルきめたそのまま、1R3分24秒ヒールホールドで勝ちました。

試合後には西谷選手の健闘をたたえてか、西谷大成選手ありがとうございました。パンチ痛くて効いたし右脚靭帯伸びたし、強かった。人ってこんな短期間で強くなれるんですね。本人の努力は勿論のこと。

トライフォース赤坂さんという、素晴らしい環境でしっかり練習出来てるのが闘ってよくわかりました。

と西谷選手を勇気づけるコメントされていました。

プロ3戦目は元警察官の高塩選手でした。

高塩選手は、樋口選手に1RでTKO勝利をおさめ、またRIZIN出場選手の神田選手を1R8秒KO勝利する実績のある選手で、DEEPフューチャーキングトーナメントでも優勝するなど西谷選手にとって格上の選手でした。

結果としては両者ともにパンチのうちあいを見せるも高塩選手がテイクダウンを見せるなど試合を優位に進め、最終的には3-0で高塩選手の勝利で終えました。

ちなみにこの試合が終わった後のインタビューでは西谷選手は涙を流しながら、「悔しいです…技術的にも補正すべき点が見えた試合でした。この企画で格闘技をする決意が出来ました。これからもっと強くなります」と発言しておりました。

ちなみに今回の試合に向けては、前より強くなっています。練習してきたことをすれば勝てる相手だとおもうので、一生懸命にがんばります。といきごんでおります。

次の話題として、今回対戦相手となった井上選手の紹介に移りますが、

生まれた年は1999年生まれの25歳です。

出身地は兵庫県で

身長は173cmです

所属ジムはパラエストラ加古川です。

ファイトスタイルは打撃中心のストライカーです。試合をいくつか見ましたが、パウンド(上からのパンチ)でKO勝利をおさめることがおおい選手のようです 。

戦績については5戦、4勝、1敗です。4勝のうち、2回がKO勝利、2回が判定勝ちです。

パンクラスで3戦しており、2勝、1敗 DEEPでは2戦2勝しております。

4月28日(日)に開催されたDEEP CAGE IMPACT 2019 in OSAKAでは対戦相手の秋島選手に1R36秒でKO勝利をおさめる実力のある選手です。

また2020年に開催された若手中心のトーナメントである、パンクラスネオブラッド・トーナメントでは、惜しくも岩本選手には敗れておりますが、決勝戦まですすみました。

獲得タイトルは アマチュア修斗関西選手権で優勝しております。

今回の試合に向けては次戦、今年も頑張るぜ👍

新年早々ハプニングでやっと来週から練習出来る😩

練習時間結構削られてもたけど仕方ない、それも人生。

残り期間でしっかり準備しよとコメントされておりました。

以上今回はDEEP TOKYO IMPACT100で試合を行った西谷選手と井上選手について取り上げましたが

是非今回の試合へのご感想をコメント欄でお待ちしております。

次の動画では朝倉未来チャレンジ生ヒロヤ選手の試合結果についてもお伝えする予定ですので、チャンネル登録してお待ちください。

以上今後も主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を更新しますので、少しでも動画がいいなと思ってくださいましたら、チャンネル登録と高評価ボタンをおしてくださると嬉しいです。

ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできるのを楽しみにしております。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン
タイトルとURLをコピーしました