スポンサーリンク

【超速報】朝倉未来チャレンジ 西谷大成vs 高塩竜司 試合結果速報

スポンサーリンク
DEEP
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆さんご機嫌よう!

本日12月19日には新宿FACEでDEEP TOKYO IMPACTが開催されました。

朝倉未来チャレンジ生が大会最後の試合を任されるなど、格闘技ファンにとってはとても注目が集まる大会でした。

今回の動画では朝倉チャレンジ生の一人である、西谷選手と対戦した高塩選手との試合結果、両選手のプロフィールと大会前に語った意気込みについてお伝えいたします。

西谷選手は第一試合を一本勝利で収めているものの、2回目の試合は未来さんにも勝利したことのある樋口選手と戦い、負けており、今回の試合は何としても勝ちたいと思っていた所だと思います。

早速話題に移ります。

第1ラウンドは西谷選手と高塩選手両方のなぐりあいから始まり、開始早々に西谷選手が左フックでダウンを奪います。

ただ、高塩選手はすぐ立ち上がり、西谷選手はコーナーに追い込まれ、テイクダウンを奪われますがコーナーをうまく使い立ち上がります。

立ち上がった時には逆に高塩選手をコーナーに追い込みますがまた高塩にテイクダウンを奪われます。

なんとか立ち上がりますが、この時に西谷選手がロープをつかんだということで注意が与えれます

試合開始後はすぐパンチの殴り合いがあり、西谷選手が逆にダウンをとられます。

ダウン後は、西谷選手は高塩選手の寝技の攻撃をこらえきり、第一試合をなんとか終えます。

第2ラウンドはまたパンチの応酬から試合がいきなり始まり、西谷選手が50秒の所でまたテイクダウンをとられます。

それ以降何度も、西谷選手は立ち上がるも、テイクダウンをとられ続けられ、マウントポジションもとられるようになります。

そして試合終了30秒あたりに高塩選手にローブローが入り、試合が中断します。

試合開始したときはパンチの応酬をまたし、最終的には3-0で高塩選手の勝利で終えました。

ちなみにこのチャンネルで試合前に行った勝敗予測ではDEEP 朝倉未来チャレンジ生西谷大成が高塩竜司と激突!

どちらが勝つと思いますか?と投票をよびかけた所、現在約5000票集まりまして、61%の約3000人が西谷勝利、39%の約2000人が高塩勝利と試合前の予想では西谷選手の方が勝利をすると考えている方の方が多かったです。

今年最後の未来チャレンジ生の試合として稽古の成果を期待される方が多かったのを反映していると思われます。

ただ高塩選手はDEEPフューチャーキングトーナメントを優勝しており、西谷選手に勝利した樋口選手にも勝利をおさめていることから高塩選手の勝利を予測されているかたも多かったです。

次の話題として、今回対戦相手となった高塩選手の紹介に移りますが、

生まれた年は1995年生まれの25歳です。

出身地は栃木県で

身長:175cmです

所属ジムはKIBAマーシャルアーツクラブで、朝倉海さんと戦った、昇侍選手や、矢地選手に勝利した大原選手らが所属しております。

バックボーンは中学時代と高校時代に柔道をしていたそうです。

柔道がバックボーンにあるものの、パウンドでの勝負を終えるなどストライカー(打撃中心)気質な所があります。

獲得タイトルは DEEPフューチャーキングトーナメント2015 ライト級で優勝しております。

格闘技を始める前には警察官だった為、計量中や試合に勝利した後は敬礼ポーズをすることで有名です。

今回の計量でも計量パスした際にはしっかりと敬礼ポーズをされておりました。

現在はサラリーマンをしつつ、格闘技をされているようです。

戦績については2016年にプロデビューを果たしており、今まで、14戦 4勝 8敗 2引き分けです。

高潮選手はそれを振り返り、負けすぎと自分では述べていましたが、今までなかなかの強い選手と戦ってきておりました。

例えば、未来さん、金太郎選手そして、今回対戦する西谷選手にも勝利した樋口選手と戦ったことがあり、勝利をおさめております。

この時にはなんと樋口選手に上からのパウンド連打で1R3分43秒でTKO勝利をおさめております。

ちなみに樋口選手は眼窩底骨折をするほどのダメージを受け、復帰戦が前回行われた、西谷選手との試合でした。

そして、RIZIN22にも出場したことのある神田コウヤ選手にも1R8秒で上からのパウンドでTKO勝利をおさめております。

また今回未来さんとRIZIN26で試合が決まったドミネーター聡志選手とも2017年に後楽園ホールで試合をしたことがあり、この時には1R3:57にセンタクバサミで、一本負けをしてしまいました。

今回の試合に向けては次戦、決定しました。知名度では負けてるので、試合には勝ちます。

応援よろしくお願いします!と、朝倉未来チャレンジ生との比較をしつつも、勝負には勝つと発言しておりました。

また前日計量の時には、朝倉未来チャレンジの一年間人生をかけて格闘技に向き合うという企画は面白いかもしれませんが、僕は高校を卒業してすぐ栃木警察という安定した職場で一年働き、その一年を終えてからは人生をかけて覚悟をもって東京に上京してきているので、一年ちょっとの覚悟より、自分の覚悟の方が圧倒的に強いと思っていて、絶対に倒します。よろしくお願いします。とマイクパフォーマンスをきっちりとしておりました。ちなみにその煽りを受けて、西谷選手は苦笑いをしつつ、計量舞台を後にしておりました。

次に西谷選手のご紹介です。

年齢は23歳で、身長は171CMです。

フェザー級で活躍中で、未来チャレンジに挑戦する前は建設業界において自営業としてご自身の会社を経営していたそうです。

学生時代は野球、レスリングなどを経験していたそうで、その後自営業の傍ら格闘技をしていましたそうですが、今回は仕事を辞めて格闘技にかけているそうです。
戦績については、アマチュア時代には地下格闘技にもでていたらしく、進撃の小僧というリングネームだったそうです。

プロ戦績については2戦、1勝1敗です。

プロ1回戦目の対戦相手であった岩永選手はレスリングで全日本大学選手権フリースタイル66kg級2位の実績を残している方でした。

ただ西谷選手は1Rで後ろからの首絞めであるバックチョークで文句なしの一本勝利を収めていました。

ちなみにこのバックチョークは試合した後の祝勝会で語られていましたが、練習ではしてきてなかったが初めて試合で使い、決まった技だそうです。

プロ2戦目は未来さんや、金太郎選手、そして陸斗選手にも勝利をおさめたことがある、樋口選手でした。

内容としては第1ラウンドで樋口選手が2分28秒でタックルきめたそのまま、1R3分24秒ヒールホールドで勝ちました。

試合後には西谷選手の健闘をたたえてか、西谷大成選手ありがとうございました。パンチ痛くて効いたし右脚靭帯伸びたし、強かった。人ってこんな短期間で強くなれるんですね。本人の努力は勿論のこと。

トライフォース赤坂さんという、素晴らしい環境でしっかり練習出来てるのが闘ってよくわかりました。

と西谷選手を勇気づけるコメントされていました。

ちなみに今回のプロ3戦目に向けては、未来さんのYouTubeチャンネルの中では、

「前回の試合では足りない所がいっぱいあったので、とにかく穴が消せたらいいです。

派手な試合をして言うことがない結果を残します。と意気込ごみ、ご自身のTwitterでは3戦目やるぜと、前回の敗戦から復活する決意を述べておりました。

最近の練習は特に気合を入れているのか、バキバキのバキしか勝たんと朝倉未来チャレンジ生と、陸斗選手らと基礎体力をつけるためのトレーニングに励んでいる所をファンにみせておりました。

大会前日に行われた前日計量では前の選手が一番印象に残る試合を見せるといいましたが、僕が見せるのでよろしくお願いします。対戦相手の高塩選手には申し訳ないのですが、僕がいい所を見せかつ試合になると思ってますとマイクパフォーマンスをしておりました。

正直西谷選手に勝利をおさめた樋口選手に1RでTKO勝利をおさめ、またRIZIN出場選手の神田選手を1R8秒KO勝利する高塩選手と戦うのは西谷選手にとって相当厳しい闘いになったと思います。

ただ西谷選手も前回樋口選手に負けていることから2連敗は避けるためにも未来さんとも稽古をしているので、その練習成果を試合で見せられるのか注目が集まっておりました。

個人的にはデビュー戦1本勝利をおさめ、2戦目は樋口選手とのTwitter上での煽りあいをするなど格闘技ファンの注目を集めることができる選手だなと思っておりました。

以上今回は西谷選手と高塩選手の試合結果をお伝えしましたが是非皆さんの今回の試合へのご感想コメントください。

次はヒロヤ選手と原選手の試合結果についてもお話する予定ですので、少しでも動画がいいなと思ってくださいました、是非チャンネル登録と高評価ボタンを押してくださると嬉しいです。貴重なお時間を取って頂き、ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできることを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました