スポンサーリンク

【超速報】朝倉未来チャレンジヒロヤVS原虎徹 試合結果!朝倉未来vs石渡伸太郎の代理戦争

スポンサーリンク
DEEP
スポンサーリンク

全国の皆さんご機嫌よう!

本日12月19日には新宿FACEでDEEP TOKYO IMPACTが開催されました。

今回のDEEPでは朝倉未来チャレンジ生が大会最後の試合を任されるなど、格闘技ファンにとってはとても注目が集まる大会でした。

今回の動画では第8試合として組まれたヒロヤ選手と原選手の試合結果についてお伝えいたします。

こちらの試合ですが、原選手が石渡選手から信頼される弟子であった為、格闘技ファンからは朝倉未来と石渡伸太郎の代理戦争とみられておりました。

ヒロヤ選手はデビュー戦を他の未来チャレンジ生が勝利をつかむ中一人だけ負けてしまい、相当悔しがっておりましたが、2回目の試合は勝利をおさめ、この試合で勝つことで勢いを付けたかったと思います。

それでは早速話題に移ります。

第一ラウンドはキックをヒロヤ選手がした所、足を原が取り、30秒でテイクダウンを奪います。

ヒロヤ選手は下からのパンチをしますが、なかなか立ち上がれません。

ただ何とか立ち上がった所で打撃の攻防がまた始まります。そして何度も原選手の

キックが入ります。身長差があるためか、なかなかヒロヤ選手の攻撃が入りません。

第二ラウンドは、打撃の攻防から始まりますが、開始1分の所でまたテイクダウンとられます。

そのあとヒロヤ選手はマウントポジションをとられますが、最後2分の所で立ち上がります。

打撃の攻防が始まると思いきや、原選手は寝技に持ち込みます。

また残り58秒の所でヒロヤ選手の攻撃がローブローに入ります。

残り終了20秒の所でヒロヤ選手がマウントポジションをなんとかとりますが、原選手が立ち上がり、試合が終了します。

判定の結果、3-0で原選手の勝利しました。

ちなみにこのチャンネルで行った勝敗予測についてお話をすると、朝倉未来チャレンジ生 ヒロヤが石渡伸太郎の弟子原虎徹と激突!どちらが勝つと思いますか?とよびかけた所、

今の所約5500票ほど集まりまして、73%である約4000人がヒロヤ選手の勝利を予測しており、27%の約1500人の方が原選手の勝利を予測しておりました。

次の話題として、今回戦った原選手のご紹介に移りますが、

誕生日は1991年生まれの29歳、

出身は東京都です。

身長は173cmで、階級はバンタム級です。

所属ジムはRIZINバンタム級四天王石渡選手が所属するCAVEです。

4歳の時から極真空手を習い、そのほかにも柔術、ボクシング、レスリングと総合格闘技で大活躍しそうな選手です。

ファイトスタイルはレスリングやボクシングもおさめていることからオールラウンダーです。

プロ戦績については、1戦1勝です。

デビュー戦は日比野選手と戦い、判定勝利をおさめております。

アマチュア時代は、第2回U-15ボクシング全国大会、第1回ジュニア修斗、全日本新空手道選手権大会など、さまざまなキックボクシングや柔術の大会で優勝しております。

2019年のアマチュアパンクラス西関東選手権バンタム級を制し、2020年2月のDEEPフューチャーキングトーナメントバンタム級で優勝するなどアマチュアで圧倒的な戦績を残していることから、石渡選手がその才能を認める逸材です。

今回の試合に向けては、「試合決まりました。全局面で圧倒して勝ちます。」と今回ヒロヤ選手に対して圧倒勝利を宣言し、

計量では、今回の試合は石渡伸太郎と朝倉未来の代理戦争だと思っているので、絶対に勝ちます。とマイクパフォーマンスを行い、ご自身のTwitterでは、計量パスしました!石渡伸太郎vs朝倉未来の代理戦争、明日はレベルの違いを見せますと意気込んでおりました。

師匠である、石渡選手からも直接頼むよ!とエールを送られており、明日ヒロヤ選手と戦う原は caveで1番期待の若手ですと、未来さんのTwitterにもいっており、試合前から盛り上がりをみせておりました。

次にヒロヤ選手のご紹介ですが、

誕生日は1998年生まれの21歳、出身は兵庫県姫路市です。

身長は164cmで、

階級は海選手と同じ、バンタム級です。

所属ジムは現在はトライフォース赤坂ですが上京するまでは姫路の総合格闘技道場で練習を積んできたそうです。

朝倉兄弟と同じトライフォース赤坂で朝倉兄弟やK1元王者である、久保選手と共に練習に励んでいる所をSNSなどに投稿しております。

朝の7-9時まで未来さんと特訓を行っており、ジムの近くの坂道を他のチャレンジ生と3人でダッシュをするという訓練をくりかえしているようです。

先日販売されたFight&Lifeのインタビューでは朝練について一日の始まりなので、集中して練習ができ、けがが本当に少なくなりました。地元の姫路では夜が練習の基本的な時間なので、どうしてもコンディションが悪い日があった。と述べるなど朝練の良さを語っていました。

ファイトスタイルは打撃中心のストライカーです。

プロ戦績は2戦、1勝1敗となっております。

デビュー戦となった相手の橋本選手は高校生の時から格闘技を初めており、DEEPでは全部の試合を一本勝ちで収めている3連勝中の勢いに乗った選手でした。

試合内容としては1R開始早々パンチの打ち合いから始まり、2R目はテイクダウン後のマウントポジションの取りあいをみせるいい試合でしたが惜しくも判定負けをしてしまいます。

ただ、試合ぶりを評価してか、DEEPの代表である、佐伯代表は

「あの3選手のなかで、MMAではヒロヤ選手が一番実績がある。だけど、ヒロヤ選手の相手の橋本優大(CAVE)選手が一番相手として強かった。期待された中でも彼だけ結果を出せなかった(判定負け)のもしょうがない。でも、見所を作るいい試合だったし、もともとバンタム級より1階級下の選手なので。この厳しさを知った上でここで腐らずに頑張ってほしい」とヒロヤ選手にエールを送っておりました。

ヒロヤ選手ご自身は負けた後は『勝てば天国、負ければ地獄、地獄のどん底』と相当悔しがったツイートをされていました。

プロ2戦目は先日クレイジービーを脱退したことで注目を集めた力也選手でした。

力也選手はレスリングをベースとし、グレコローマンスタイルで2014年には世界学生選手権でも5位に入賞経験を持つレスリングエリートです。

試合結果としては、ヒロヤ選手がプレッシャーをクレイジービー所属の力也選手にかけ続け、右フックでダウンをとり、ヒロヤ選手が1R3分27秒パウンドアウトによるTKO勝利をおさめました。

試合の後にはカメラにポーズをとり、勝利を喜んでおりました。

ちなみに未来チャレンジの前にはWAR DOG CAGE FIGHTという格闘技団体への参戦経験を持っているようです。

この団体では、3勝、1敗、1引き分けですが、負けたのはフライ級タイトルマッチの時で3-0の判定負けだったそうです。

また引き分けについてはDEEPにも参戦していた実力者の児玉選手との試合だったそうで、DEEPに参戦する前から着実に戦績を積んでいる選手です。

また格闘技団体GRACHANにも参戦するなど、未来チャレンジ生として選ばれる前から色々な所で試合をしてきております。

未来さんがヒロヤ選手をチャレンジ生として選んだ理由としては、「センスありますよね。気合入ってるかなと思って選びました」と語っています。

ちなみにプライベートの話になると、少年院にも入ったこともあり、姫路ではヒロヤ選手のことをしらないヤンキーはいないほどだそうです。

ただ、格闘技に出会い人生が変わったようです。

最初は周りに迷惑をかけ続け、育ててくれた、親族にも心配をかけてしまったようですが、友人に格闘技を進めてもらったことをきっかけに、練習にのめこんだ結果、周りに認められ、初めて参加した格闘技大会のメイン試合で勝利をおさめたそうです。

そのときに周りから試合楽しかったであったり、たくさんの拍手をしてもらい、格闘技をすることが生きがいになったそうです。試合3戦目すごく楽しみです!

この3戦目への意気込みとしては、「観客誰もがみて、一番良かったと思わせるような試合をする」と意気込んでおりました。

また「過去最高の俺を見せれる。勝つのは当たり前、対戦相手よりも僕の方がかなり強い。」とも述べていました。

体重計量の時には、トライフォース赤坂からきたヒロヤです。僕の試合は今回の大会の裏メインだと思っているので、一番盛り上がる試合をします。絶対KOするので、期待しててくださいと意気込み、

計量後にはご自身のTwitterで、明日の裏メインカードを。お楽しみにと試合に向けて盛り上がっておりました。

以上今回はヒロヤ選手と原選手の試合結果について取り上げましたが、是非皆さんの今回の試合へのご感想是非コメントください。

次は今回の大会のメインイベントを任された畠山選手と平田樹の兄平田直樹選手との試合の結果についてもお伝えしますので、是非チャンネル登録しておまちください。

以上今後も主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を更新しますので、少しでも動画がいいなと思ってくださいましたら、チャンネル登録と高評価ボタンをおしてくださると嬉しいです。

ご視聴ありがとうございました。別の動画でもお会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました