スポンサーリンク

【超衝撃】那須川天心vs武尊が東京ドームで6月開催か!関係者『Dynamite復活の噂あり』

スポンサーリンク
天心武尊朝倉未来
天心武尊
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ごきげんよう!
本日雑誌Fridayが武尊対那須川天心戦が
6月東京ドームで実現へという記事を公開しました。
内容が衝撃的でしたので、
その記事の概要について皆さんと見ていき、
動画の最後までを通して、
今までの両者のやり取り、
本当に実現しそうなのかということを
皆さんと確認したいと思います。
それでは早速話題に移ります。
まず記事の概要ですが、
RIZINとK1両方の団体につながりを持つ関係者が
「二人の対決は今年6月に東京ドームで行われる予定です。
‘2004年に異なる団体に所属していた
魔裟斗選手と山本"KID"選手が戦った
伝説の格闘技イベント『Dynamite‼』を
一夜限りで復活させることが決定しています。
『K―1』と『RIZIN』から
トップ選手を各々選出し、対抗戦を開催。
その大将戦が武尊選手と天心選手なんです。」
と記者に明かします。
なかなか実現しなかった両者の試合が
突如として具体的な日にちと場所まで
明らかになった理由としては
「コロナ禍で東京五輪の縮小開催、
中止の可能性が高まってきたことが一因だと思います。
広告代理店やスポンサー企業にとっては
五輪にかわる大きなスポーツイベントを打って、
穴埋めをしたい。それらの企業が働きかけ、
『K-1』がようやく首を縦に振ったのでしょう」
とありました。
最後にFridayが両方の団体に質問をした所、
両方から対戦に向けて話し合いを始めているのは事実です。
と回答があったようです。
次の話題として、
今までの那須川天心対尊選手のやりとりを時系列と共に、
簡単にお話させていただきます。
まず、2015年11月にさかのぼることになるのですが、
この時、那須川天心さんが
直接武尊選手の試合後の花道で直接
「大晦日で闘いましょう」と対戦アピールしています。
武尊選手も試合が組まれれば、
闘いますとこれに応じる形で返答をしています。
ただ実際に2015年の大晦日のRIZINの試合で
武尊選手と組まれた試合は中国のヤンミンという選手で、
RIZINを運営している榊原社長によると、
交渉する為の時間が足らず、団体の垣根を超えて、
天心、武尊戦は実現できなかったと述べています。
ただ2017年12月年末には天心は試合後にリング上で
皆さん、誰との試合を見たいですか?
と会場のファンに問いかけました。
ファンからは武尊!と名前が上がり、
それを受け天心さんは今の声が答えだとおもうので、
是非来年中にやりましょう!
ファンが望む試合をするのが格闘家。
ファンに求められる試合をしたいですと発言しています。
ただこの言動がK1側が面白くなかったのか、
2018年の5月にK1の運営側が
那須川天心とその父親を他団体の興行に対する
不当な介入にあたり、
営業妨害によりイメージダウン、
スポンサー離れがおきたとし、
訴訟をおこしました。
このあたりから雲行きが怪しくなっておりました。
ただ武尊選手自身はK1の皇治選手との試合後インタビューで
「団体の壁とか色々あるけど、
時期は分からないが
僕は必ず実現させようと思っている。
実現させるだけではなく、勝とうと思っている」
と発言しています。
2019年には那須川天心さんの方からは
大晦日に行われる予定のRIZIN.20の対戦カードの
追加発表記者会見が行われましたが、
その時には「まあ、もう武尊選手と
交わる確率はないと思いますし、
僕もそこまでやりたいとは思わないです。
仕方ないですねと、
一見さめた発言をされていました。
その後、2020年2月号のファイト&ライフで
武尊選手は「2020年中に天心選手の試合が
実現しなければ引退すると強い決意表明しておりました。
ただコロナなどの影響もあり、
2020年での実現はできませんでしたが、
2020年の大晦日に衝撃的なことが起こります。
なんとセミファイナルとして
那須川天心の試合にK1王者の武尊選手が
観戦していることが中継されたからです。
RIZIN26の試合では、那須川天心と
武尊選手が抱擁をしており、
なにか両者の試合実現の為に
前進したのではないかと思わせる形でした。
そしてそれ以上に衝撃的なことが起きます。
なんとK1のプロデューサーである、
中村さんが、
Twitterで武尊選手、お疲れ様でした。
ファンのみなさまの夢のカードが実現できるよう、
K-1として前向きに頑張っていきます。
2021年もK-1をよろしくお願いします。
と発言していたからです。
今回武尊選手がRIZINに来たということで
那須川天心の試合後に会場で観客の前で
何かしらマイクパフォーマンスが
あるのではないかと期待した方多かったと思いますが、
試合会場では特になにも話されませんでした。
ただ、そのあと、RIZINの選手インタビューでも武尊選手は登壇し、
記者から来場された経緯や思いは?と聞かれると、
何年も、格闘技ファンの皆は
熱望してくれてその試合が実現できない
5~6年、ずっとやりたくて、
悔しい気持ちもあって、変える為に、熱望されて
やれなくて天心選手も一緒だと思うのですが、
格闘技界がよくなって、大きくなるために。
ひとつになるために動いてきたつもりで、
ちょっずつ、形になってきて、
たくさん待たせてしまますけど。
そして、来年1年でできなかったら
格闘技を引退しますと宣言していて、
今年を迎えたんですけど、
コロナで難しかったり、実現できなくて
僕に信じてついてきてくれている人や、
同じk1の仲間、
僕に憧れてK1始めてくれた子のためにも、
希望を見せたいし、僕の意思表示、
来年,実現させるという決意を込めて、
RIZINの会場に今回来場させていただきました。
とコメントしておりました。
また記者から実現は来年?と聞かれると、
来年しかないと思っています。
k1,ライジン、ライズ、クラッシュなど、
どこかをおとして、やる試合にはしたくないし、
K1で戦っているファイター後輩たちに、
背中を追っかけてくれてる人たちを
裏切ることはできないし、
この試合やるには、中立のリングで、
僕はk1のチャンピオンとして、
天心選手はライズのチャンピオンとして、
格闘技界をひとつにするための試合にしないといけないと。
中立のリングを作ってやりたいと。
と熱くコメントをしておりました。
榊原社長は大会後にRIZINが
武尊選手を呼んだわけではなく、
武尊選手自ら自分の思いをかなえるために
自ら動いてきたことを明かします。
また榊原社長によると武尊vs那須川天心は
RIZINとK-1関係者が話し合いができる状況になっており、
今日の武尊が「新たなアクションへのキックオフになれば」。
実現できるならRIZINでなくてもいい、
お互い次の試合で勝ってからなので
早くてもオリンピック前くらいだろうとはなしていたようです。
榊原社長がいうように既に武尊選手は
3月28日にレオナぺタス選手とのタイトルマッチが
決まっているので、それが先ではありますが、
フジテレビ RIZINという
RIZINの公式アカウントの一つが
本日 #那須川天心 選手の試合を観戦した
#武尊 選手にコメントをいただきました。
今回の武尊選手の意思表示が今後どうなるのか?
これからの2人の動向に注目です!
といっているくらいなので、
以前那須川天心選手が大会で誰とやるのを見たいですか?
といっただけで訴訟されそうになるという噂が
あった時と比べるとかなり前進したなと思うところです。
ちなみにRIZIN選手へのインタビューを行っている
格闘技雑誌Drop Kickの編集長斎藤さんは
『Dynamite!』使用案はすでに業界の噂になっていると
話されいているくらいなので、
天心武尊はかなり実現する可能性の高いカードかもしれません。
以上今回は那須川天心対武尊が
実現に向かっているということをとりあげました。
是非皆さんのニュースへの
ご感想コメント欄で教えてください。
今後も主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を更新しますので、
是非チャンネル登録してくださると嬉しいです。
次の動画では朝倉海さんの世界ランキングについて、
そして朝倉未来チャレンジ生ヒロヤ選手の
対戦相手の紹介動画を公開予定です。
貴重なお時間をとって頂き、
いつもご視聴ありがとうございます。
別の動画でもお会いできるのを楽しみにしております。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン
タイトルとURLをコピーしました