スポンサーリンク

【悲痛】朝倉未来チャレンジ生 涙の試合後コメント 畠山『悔しい。。』未来『いい機会になった』

スポンサーリンク
RIZIN
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆さんご機嫌よう!

本日12月19日には新宿FACEでDEEP TOKYO IMPACTが開催されました。

朝倉未来チャレンジ生が大会最後の試合を任されるなど、格闘技ファンにとってはとても注目が集まる大会でした。

ただ、残念ではありますが、今回参加した3名の選手、西谷選手、ヒロヤ選手そして今回メインを任された畠山選手全員が敗北してしまう結果となりました。

今回の動画では朝倉未来チャレンジサイド加えて対戦相手そして、関係者のコメントをみていきたいと思います。

それでは早速話題に移ります。

まず、朝倉未来チャレンジ生側のコメントをみていくと、

まず第7試合として、未来チャレンジ生の中で最初に試合を行った西谷選手は涙を流しながら、「悔しいです…技術的にも補正すべき点が見えた試合でした。この企画で格闘技をする決意が出来ました。これからもっと強くなります」と発言しておりました。

そして今回、セミファイナルとして第8試合で石渡伸太郎の弟子原選手と戦ったヒロヤ選手は

負けました!まだまだ弱かった。上目指してやってきますと前向きにご自身のTwitterを更新されておりました。

また試合後のインタビューでは「率直に“悔しい”の一言です。もっと強くなりたいです。成長は感じましたけどまだまだやと。負けて足りない部分があるのでもっと強くなってどんどん試合したいです。1年チャレンジで、人生が変わりましたし、これからも変わると思います」と答えて、これからも格闘技を続けていき、より成長した姿をファンにみせてくれることを約束されておりました。

最後に大会メインをつとめた畠山選手は「東京出てきて3試合目でメインなんてさせてもらって気合入れてやってきて、すごく悔しい気持ちでいっぱいです……。同じ柔道で自分の得意な部分で上回っている選手が苦手だと分かりました。寝技、四つ組みをもっと磨いて、距離を取った打撃もトライフォース赤坂には得意な人がいるので、これからも東京に残ってもっと磨きたいです。この1年チャレンジに受かって、東京で格闘技で生きていく覚悟が決まりました」と今回の試合を受けて具体的な修正ポイントをすでに上げておりました。

そして今回企画を立案し、3人の面倒をみてきた朝倉未来さんは、

「3月から指導して、コロナで2~3カ月止まっていたので、結局、実質半年くらいのなかで、プロデビューしたことがなかった3人がここまで強くなった、経験者といい勝負ができるようになったということで、僕的には良かったと思います。課題としてはテイクダウンデフェンスと立ち上がる力がまだ弱いかなと。でも、3人とも負けを恐れずに挑戦するような相手を選んだので、いい経験になったと思います。今後に期待してもらいたいと思います」とご発言されておりました。

また、「僕にとっていい練習相手になりますし、ハングリー精神も感じられて次の試合に向けても、ありがたかったです」と話し、彼らの練習や試合での奮闘が刺激になっていると発言しておりました。これは未来さんとTop YouTuber のヒカルさんとのコラボの中でも話していたことでありますが、朝倉未来チャレンジの3人が20代前半なことから若い力を間近にかんじられること自体が刺激になっていたようです。

また未来チャレンジ生の今後についても既に言及しており、

サポートについては「3月までの予定でしたが、コロナで試合に出られなかった期間もあるので、8月までの延長が決まりました。もともと来年から堀(鉄平)さんが作る新しいジム(フルケージ装備のジム)で、インストラクターとして雇ってもらえるようなので、東京にこの先も居ることになると思います。また、スポンサーがあつまれば、2期生も集めたいと」ともはなしておりました。

これは未来さんのYouTubeではなされていたことですが、2期生を募集することで、1期生との間でも切磋琢磨できる環境が生まれ、いいと感じているようです。

また今回すべての試合にセコンドとしてついていただき、トライフォース赤坂の代表をされている堀鉄平さんは

本日はトライフォース赤坂所属の未来チャレンジ3人のセコンドでDEEPに。昔、アウトサイダーで対戦した斉藤勇駿くんと再会しました。とご発言されておりました。

堀さんご自身も、アウトサイダーにでられており、何度か負けたこともあります。

負けたとしても、まだ若い為、敗因などをしっかり分析し、次に生かせればいいと思っているため、そこまで落胆しているわけではないと思います。

逆に今回対戦した選手の関係者のコメントを見ていくと、

まず、西谷選手と戦った高塩選手は試合後のマイクで涙を流しながら、「西谷選手、ローブローで(回復に)時間をかけてしまって気持ちを切らせてしまってごめんなさい。西谷選手が1年チャレンジでやっているように、僕も警察官を辞めてずっと格闘技をやってきて、いろいろ悔しい思いもしてるんですけど、絶対にチャンピオンになるので応援よろしくお願いします」と勝利者マイクをしておりました。

またご自身のTwitterでは「速報。何とか判定で勝ちました!!!と喜びを爆発させ、矢地選手に勝利した、大原選手から、嗚咽するほどの金的貰ったのに何故か自分から続行を希望したTHE漢竜司の最初ちょいと危なかったけど判定勝ち!よくあれでやったな。。よく頑張った!!と激励をされ、本気で金玉が無くなったかと思いましたが無事でした。格闘技は気持ちの戦いということを改めて学びました。と発言しておりました。

今回ヒロヤ選手と戦った原選手は

プロ2戦目 判定3-0 で勝ちました!たくさんの応援やサポートありがとうございました。

ヒロヤ選手ありがとうございました。もっと上を目指して来年も頑張りますと発言し、

今回石渡伸太郎の弟子ということもあり、朝倉未来対石渡伸太郎の代理戦争だと意気込んでおりましたが、石渡伸選手は勝利とツイートされておりましたが、それに対してありがとうございましたと感謝のいを表明しておりました。

石渡伸太郎選手といえば、試合前には、

Twitterで盛り上げろよって言ったらタグついてるし急に巻き込んで来やがった!笑

よーしチーム石渡気合い入れて行きます!応援よろしくお願いしますとも発言し、また未来さんのTwtiterでの発言にも、明日ヒロヤ選手と戦う原は caveで1番期待の若手ですと、原選手を応援しておりました。

最後に畠山選手と戦った平田選手はまずマイクで、

今回、プロ2戦目でメインイベントを任せていただき、いい経験でした。次は一本、KOで勝てるように頑張りますと発言しておりました。

そして平田直樹選手と練習を重ねてきた妹の平田樹選手は、兄の勝利を聞いて嬉しかったのか、よーし!とコメントされておりました。

平田樹選手は兄のことを「寝技が得意で、試合前はいつも寝技を教わっている。いつも自分の先生のような感じ。柔道をやっていた時も、寝技はほとんど兄に習っていた。動きの練習はいつも兄としている」と樹選手に寝技の指導ができるレベルであることを試合前にあかしておりました。

今回の大会では、対戦相手が全員DEEPフューチャーキングトーナメントで優勝を残してきている格上の選手でありながらも、朝倉未来チャレンジ生全員が負けてしまったのは非常に残念でした。

また朝倉未来さんが試合後に残念そうにされていたのも印象的でした。

朝倉未来チャレンジ生は今回負けたとしても堀先生が新しくできるジムのスタッフとして雇ってくれるそうなので、絶対にここでめげずに次の試合に向けて頑張ってほしい所です。

以上今回は新宿Faceで行われたDEEP TOKYO IMPACTの試合結果を受けての両サイドのコメントをお伝えしましたが是非皆さんの今回の試合へのご感想コメントください。

また少しでも動画がいいなと思ってくださいました、是非チャンネル登録と高評価ボタンを押してくださると嬉しいです。貴重なお時間を取って頂き、ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできることを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました