スポンサーリンク

【挑発】朝倉未来『斎藤裕はケラモフに負けたらベルトを返上して欲しい』斎藤裕『朝倉未来ならそれくらい言うでしょうね笑』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ご機嫌よう!
本日の動画では先日公開されたRIZIN Confessionsの中の
朝倉未来さんが次の試合に向けての意気込みや30歳以降の
格闘技人生に関する発言そして、斎藤裕選手の発言について
取り上げようと思います。
是非今回の動画最後まで見ていただいて、選手らの発言への
皆さんのご意見コメント欄でおきかせくださると嬉しいです。
なおこのチャンネルでは主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を
更新していきますので、見逃さないように
チャンネル登録お待ちしております。
早速話題に移ります。
6月13日に東京ドーム大会で開催予定のRIZIN28ですが、
今の所、フジテレビでの放送が決まっております。
6月5日に放送されたRIZIN28の特集番組では、20時から
RIZINは放映され、生放送は2試合とのことですので、
今の所朝倉未来さん対クレベルコイケ選手、
そして那須川天心対3人の格闘家という試合が
格闘技にいつもは興味をもっていない方にも注目が集まる様にと
生放送されるのではないかと噂されております。
そしてその様にフジテレビ側もRIZIN特番を組む等力を入れて
宣伝し始める中、RIZINも試合前ということで
RIZIN ConfessionsがYouTube上で公開されました。
動画の中では試合に向けての発言として、朝倉未来さんが
スタッフから、「タップしてレフェリーに止めてもらうっていう
考えはない?と聞かれると、
「もちろん止めてもらうつもりは無いです、失神するまで
もがくと思いますよ」と朝倉未来さんが今回対戦する相手は
柔術黒帯、かつトップレベルの選手なのにも関わらず、
絶対にタップはしないと宣言しておりました。
ただこれには医療従事者でファンの方から、
タップは必ずしてください。
チョーク系でタップしなかったら、脊髄損傷になる危険性が高い。
程度によりますが、頚椎の中を通っている脊髄が損傷されると、
運動麻痺や感覚障害が起きます。
放送事故にならないことを祈る。とコメントがありました。
個人的には闘いへの意気込みとしては素晴らしいですが、
大きな怪我をしてしまい、クレベルコイケ選手との試合が
引退試合にだけはなってほしくないなと思う所です。
朝倉未来さんが、アウトサイダーで活躍していた時に
今パンクラスでも試合をしているRYO選手と戦った時が
ありました。
この時には、RYO選手の寝技が朝倉未来選手に決まり、
動きがなかったことから、大会主催者の前田日明さんが
タオル投入をされ試合終了となりましたが、朝倉未来選手は
このタオル投入には納得いかなかず、勝利したRyo選手も
「もう一回試合すればいいじゃん」との発言があり、
この試合はノーコンテンストになりましたが、危ないと
セコンドか審判が判断した時には大けがになる前に試合を
止めてほしいなと思う所です。
またRIZIN CONFESSIONSの話には戻りますが、RIZIN25で
戦った斎藤裕選手にも話題が及び、以前自分のチャンネルでも
話されておりましたが、ケラモフ選手の方が斎藤裕選手より
強い可能性があるとも話しております。
そして、今回斎藤選手がケラモフ選手との試合に負けた場合
タイトルも自分から返上してほしいとまで発言されており、
いつも通り相手を上手く煽るなと思いました。
またその他にも朝倉未来さんはケラモフが斎藤裕選手にかったら
クレベルコイケ、ケラモフ、斎藤裕3人ともやらないと
いけないじゃないですか。俺だけ。とタイトルマッチで斎藤選手に
負けてしまったからですが、RIZINフェザー級で強豪として
知られる選手ら全員と戦うのかとも発言しております。
ちなみに斎藤選手はこれらの発言に対して、
彼ならそれくらいいうでしょうね。俺だってクレベルコイケと
やってんだぞってことですか?負けるつもりはないから何とも
言えないですね。まあ二人とも勝ちあがって、強くなって
周りの反響が大きくなったら、やればいいんじゃないですか。
と前回同様にあまり煽りあいでは相手にしない発言を
しておりました。
また前回ドミネーター聡志選手と朝倉未来選手の
試合どちらが勝つかと聞かれた時にはドミネーター聡志選手と
答えた様に、今回朝倉未来対クレベルコイケ選手だったら
どちらが勝つかという質問には対戦相手のクレベルコイケが勝つと
答えておりました。
斎藤選手は今の所、クレベル選手からYouTubeばっかりで
ベルトの後ろに隠れていると煽られており、クレベル選手が
朝倉未来選手に勝利すれば戦う可能性として高まるので、
かなり意識はされていると思います。
榊原社長は秋から米国のベラトール強豪選手らを招き入れ
フェザー級グランプリを行いたいと発言していたものの、
現時点では開催が難しいのかなと思う所ではあります。
なのでここで斎藤選手対ケラモフ選手、
朝倉未来選手対クレベルコイケ選手といったフェザー級の核と
なる選手の試合を組んでいる様に思えますが、
是非斎藤選手にはケラモフ選手に勝ち、朝倉未来選手には
クレベルコイケ選手に勝って再戦がみたいなと思う所です。
しかし、ケラモフ選手も榊原社長によると、
「ムサエフとケラモフは世界のビッグプロモーションからの
オファーもあったが、自分が有名になるきっかけとなったとのは
RIZINのGPなので継続参戦を希望してくれた」との発言があり
並々ならぬ思いで今回の試合に望むと思われます。
ケラモフ選手といえば格闘技のキャリアは2011年から
総合格闘技を本格的に初めて2012年にプロデビューしています。
RIZIN21でRIZINデビューしており、2015年から11連勝中の
ノリにのっている選手です。
ちなみにRIZINデビュー戦は初参戦だから場慣れするために
あえてパンクラスでタイトルマッチにまで進んだカイル選手に
対して、KOせずに手抜いて3Rで勝ったとも勝利インタビューで
語っていました。
また「フェザー級GPに出て、2つ目のチャンピオンベルトを
アゼルバイジャンにもたらしたいです」と発言しており、
試合中はムサエフからはパンチやどのように試合中動けば
いいか等アドバイスも頂いているようですので、
かなり斎藤選手にとっても厄介な相手にはなると思われます。
またその他にも朝倉未来さんの注目発言として、
30代以降の格闘技についても話を展開しておりました。
朝倉未来さんは、スタッフから、30代以降の格闘技人生に
質問があると、
もし、クレベルコイケ選手に勝利をし、次斎藤選手との試合にも
勝利をした後にRIZINのベルトをとれば見える景色が
違うかもしれないので、格闘技30代以降も続けるかもしれないと
発言されておりました。
以前幻冬舎で編集をご担当されている箕輪さんとの対談の中では
ベラトールの王者パトリシオピットブルフレイレ選手を引退試合に
呼びたいであったり、去年の自粛期間中はRIZIN榊原社長の所に
行き、UFCの人気選手コナーマクレガーやまた
ボクシング5階級王者メイウェザー選手と戦いたいと
発言しておりました。
今回の榊原社長のアメリカ出張ではメイウェザーと親密に
対談をしており、朝倉未来さんが王者になることができれば、
今後彼らと戦う舞台をRIZINが用意するのか注目です。
ちなみに朝倉未来さんが30歳で引退するというのは、
プロになった時から考えていたとインタビューで語っており、
最後年を取って、試合での負けが多くなって引退するよりかも、
人気があるうちにファンから名残惜しく
思われるうちにやめたいとはなしております。
ただ、斎藤裕選手に負けた次の日に公開した動画の中では、
なんと斎藤選手との試合で負けたことにより、
格闘技の面白さや奥深さに再度気づき、
「あと二年で格闘家やめられるかな?と
30歳で引退しないかもしれない」とご発言されておりました。
実際に有名格闘家の例を見ていくと、
山本KID選手は30代後半に差し掛かった、
2015年2月にUFCでの試合を最後に引退しておりますが、
けがの影響もあるとは思いますが、引退試合前には
4連続で負けてしまうなどでした。
またK1の魔裟斗選手も一度、
2009年に一度引退宣言しておりますが、
2016年に五味選手と試合をおこなっており、
こちらも30代後半まで試合をしております。
ただ、未来さんは、喧嘩も含めると、10何年も
格闘にかかわっており、30歳以降はまったく
新しいものにチャレンジしたいそうです。
最近では、来月で、もう29か、、。 死を覚悟したり、
普通の人が体験できない最高の瞬間を感じたり
底辺と成功を経験させてもらった これから先は
もっと早く過ぎるだろうな 悔いのない人生を生きよう。
と本当に30歳で引退するのであれば、残り少ない
格闘技人生を悔いのないように生きようと発言しておりました。
以上今回は朝倉未来さんや斎藤裕選手らの試合直前に
した発言内容についてまとめました。
次の動画では朝倉海さんが参加するバンタム級グランプリに
関する動画も作成予定ですので、見逃さない様に
是非チャンネル登録してお待ちください。
以上今後も主にRIZIN、朝倉兄弟に関連する動画を
更新していきますので、
是非チャンネル登録してくださるとうれしいです。
また今回の動画がよかったら高評価ボタンを
おしてくださると励みにもなります。
ご視聴ありがとうございました。
別の動画でもおあいできるのを楽しみにしております。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン
タイトルとURLをコピーしました