スポンサーリンク

朝倉未来×斉藤裕の試合前後の煽り合いと関係性まとめ!朝倉未来はダレクトリマッチを要求!

スポンサーリンク
【大論争】朝倉未来の斉藤裕へのダイレクトリマッチ 有り?無し?RIZIN
【大論争】朝倉未来の斉藤裕へのダイレクトリマッチ 有り?無し?
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ごきげんよう!

RIZIN25が終わり、斎藤選手が朝倉未来選手に

勝利し初代RIZINフェザー級王者になりました。

試合直後には両選手ともに讃えあうなど、

ラグビーでいう試合が終われば敵味方関係なく互いの健闘をたたえあう

ノーサイドの文化が垣間見れて素晴らしいなと思いました。

スポンサーリンク

朝倉未来 試合に負けて悔しくて熟睡できない?!

ただ負けた未来さんは相当悔しい思いを持っているらしく、

RIZINが終わった夜は悔しさで夜起きたとまで語っておりました。

また試合直後の舞台裏映像がRIZIN公式チャンネルで公開されましたが、

斎藤選手の勝利者マイク中継をじっと悔しそうに見つめる未来さんが

格闘技ファンの間では話題になりました。

その様に悔しがる未来さんは斎藤選手とのダイレクトリマッチを

斎藤選手の怪我の回復具合をみつつ、来年4月あたりにされたいと

発言されているようです。

朝倉未来 ダイレクトリマッチか!?

そのダイレクトリマッチについては格闘技ファンの間でも賛否が分かれ、

話題になっております。

今回の動画は格闘技を語るペニーワイズさんという方にお声がけいただきまして、

取り上げましたが、ダイレクトリマッチへの賛成意見と反対意見を

皆さんとみていきたいと思います

RIZIN25直後の朝倉未来選手と斎藤裕選手の表情は

早速話題に移ります。

11月21日未来さんと斎藤選手のフェザー級タイトルマッチが行われました。

試合が終わって両者の顔を比較すると、斎藤選手は鼻が骨折し、

目の周りも大きく膨れ上がっている一方、未来さんの顔はあまり、

傷ついていなかったので、未来さんは斎藤選手に多くの

ダメージを与えていたと思われます。

RIZIN25 朝倉未来選手VS 斎藤裕選手 判定の結果の理由は!?

ただ、斎藤選手は未来選手からテイクダウンを何回もとっており、

またRIZINの判定要素である攻撃的な試合展開をしたのかという

アグレッシブさという点で見ると斎藤選手が朝倉未来選手に

パンチやキックなどの手数などで優っており、

判定陣は斎藤選手の方にポイントを与えたのかもしれません。

RIZIN25 朝倉未来選手 試合直後の試合会見後のインタビュー

朝倉未来選手 「とにかくダイレクトリマッチしか考えていない!」

試合が行われた日の直後の会見では、

未来さんは記者からの今後の展望についてお聞かせください。

という意見に対しては、「斎藤選手のダイレクトリマッチしたいですね」 といい、

海外強豪との試合については否定しておりました。

朝倉未来 メイウェザー戦の噂を否定

また、来年2月の東京ドームでメイウェザーの相手が

朝倉選手じゃないかって話もあるんですが。という質問にたいしても、

 「そういう噂はありましたが、俺は聞いてないです。

なので、そんなこと言っている場合じゃなくて

斎藤選手にやり返したいなっていうのが第一優先ですね」と

メイウェザー選手との試合よりも、斎藤選手との再戦を望む発言をしておりました。

ダイレクトリマッチは実現するのか? 関係者の「あり派」コメント

このダイレクトリマッチに対しての賛成意見をご紹介すると、

朝倉未来のダイレクトリマッチ あり派 榊原社長

まず榊原社長は斎藤選手と未来選手の試合をみて

「5Rで見たかった。可能なら大晦日にでも4R目以降の続きを見たい。

両方の選手とは週明けにもコミュニケーションを取りたい」とのべ、

「来年、バンタム級かフェザー級のGPは行いたい。と発言しているようです。

朝倉未来のダイレクトリマッチ あり派? RIZIN広報部長の笹原さん

またRIZIN広報部長の笹原さんは

ダイレクトリマッチ自体への賛成意見ではありませんが、

榊原社長の4R目以降の続きに関わることで、

RIZINは3ラウンドまでで、延長ラウンドはありません。

UFCはチャンピオンシップですと5ラウンドまでありますので、

RIZINでも検討したいと思います。

と、斎藤選手と未来さんの3R目以降の続きを見たかったと

思わせるツイートをしております。

朝倉未来 ダイレクトリマッチ あり派 トライフォース赤坂オーナー 堀鉄平さん

また未来選手が所属しているトライフォース赤坂のオーナーの堀鉄平さんは

堀口選手が海君とするのですから、

未来君が齋藤選手とダイレクトリマッチすることを否定する理由はありません。

とタイトル戦ではありませんでしたが、

堀口選手と海さんが再び戦うことの例も挙げて、

未来さんのダイレクトリマッチを賛成しております。

朝倉未来 ダイレクトリマッチ あり派の格闘技ファンの意見

また格闘技ファンの方の声では、

ダイレクトリマッチ反対な人多いのかな?

僕は年末は反対やけど来年の1発目で5Rでしてほしい、

それぐらい接戦で良い試合やった。

とさすがに年末のダイレクトリマッチは反対するものの、

来年以降するのであれば賛成するという意見もありました。

朝倉未来 ダイレクトリマッチ なし派 ファンの意見

今まで賛成意見をご紹介しましたが、反対意見をご紹介しますと、

斎藤選手の希望を考慮し、年齢的にキャリア大詰めなので、

僅差とは言え一度勝った相手に立ち戻らず、

Bellator選手等より強い相手とやって先に進んで欲しい。

という意見や、

未来が眼窩底骨折で、敗者斎藤がダイレクトリマッチを唱えた場合、

叶いますか?あり得ない。未来は勝利者インタビューで

「何言っとんの?」で一蹴するはずでしょ?

と立場が逆だった場合、ダイレクトリマッチを本当にするのかといった意見もありました。

また再戦は見たいけどダイレクトリマッチはちょっと違うような気が。

榊原さんのこの発言は来年のメガイベント、

メイウェザー vs未来を実現させる為に未来をチャンピオンに

しようとしてるように勘ぐっちゃうな….。

とまだまだ未来さんをメイウェザーの対戦相手の候補にしようと

しているのではないかという意見もありました。

ちなみに斎藤選手ご自身は未来さんとのダイレクトリマッチではなく、

ベラトール勢とのワンマッチをご希望されているとYouTube内で発言しているようです。

他にも未来さんを育てた一人である、前田日明さんも

このダイレクトリマッチについて言及しており、

反対、賛成以前に未来次第だね。

彼がどう変わるか。今場面、場面で使える技が少ない。斎藤選手と戦うのもそうだが、UFCやベラトールの上位選手と戦って勝利をおさめようとするのであれば、もっと技術を高めないといけないと、発言しておりました。

たとえダイレクトリマッチをしたとしても、対策がとれなければ、同じ結果になり得ると考えているようです。

以前の動画でもご紹介しましたが、PRIDEでも大活躍した

青木選手が未来選手に一緒に練習をしようとよびかけておりますが、

それが実現するかも気になる所です。

個人的な意見としては、ダイレクトリマッチをするので

あればそれはそれで楽しみですが、それ以外の選択肢として、

榊原社長が言っているフェザー級トーナメントを来年開催するのが

面白いのではないかとも思います。

斎藤選手と、未来さんを反対ブロックに入れてもし両者ともに

勝ち進んでいけば、最後決勝でまた両者の試合を見ることができます。

そしてトーナメントであれば、未来さんが斎藤選手以外の

様々な選手と戦う所も見れるという点もあります。

2人が、Bellator選手や元UFC選手に競り勝ち、

決勝で再びぶつかれば、五味vs桜井マッハを超えるストーリー。

ダイレクトリマッチなんて芸が無いよ。という意見もあります。

今までダイレクトリマッチへの賛成意見、反対意見をご紹介しましたが、

皆さんは、ダイレクトリマッチどう思いますか?

ダイレクトリマッチが実現しても、実現せずに、

トーナメントになったとしても、来年以降確実に

RIZINフェザー級戦線が盛り上がっていくこと間違いないと思います。

今回内村選手を22秒衝撃KOした萩原選手やK1から移籍してきた

平本選手が今後どのように絡んでいくのか、

またケラモフやクレベル選手などの外国勢が

どのようにフェザー級に食い込んでいくのか目が離せません。

朝倉未来がやはりRIZIN33大晦日で斉藤裕とのリマッチを要求


9月24日に約1週間後の10月2日に行われる
RIZIN Landmarkの煽りVTRを作成するための撮影場所に向かう
道中でインスタライブが行われました。
朝倉未来さんは減量中であることや試合直前ということもあり、
なぜ試合直前に煽りVTRの撮影をするのかと
不満を口にしながらも、格闘技関連の話を多くされていました。
まず、那須川天心選手と鈴木選手の試合を振り返り、
天心選手の圧倒的な強さと、
現在格闘技ファンの注目が集まっている
那須川天心対武尊が実現するのであれば、
その大会で是非自分も戦いたいと述べておりました。
またこちらも同じく注目を集めたRIZIN榊原代表がクレベル選手に
3か月前に斉藤王者とのタイトルマッチのオファーを
出したのにも関わらず、試合を断って記者会見で激怒した件
についても自身の意見を述べております。
榊原代表が激怒した件については初見の方の為に簡単に振り返ると
10月24日のRIZIN31で斎藤VSクレベルでタイトルマッチを
組むべく
両選手に3ヶ月前に試合のオファーをした。斎藤選手はその試合を
受け入れたが、クレベル選手は体重が66キロまで
落とせないという理由でタイトルマッチのオファーを断った。
そして加えてクレベル選手は全治1か月の怪我をしたと
病院の診断表をもとに
怪我もあるから大晦日のタイトルマッチをしたいと
RIZIN運営側に伝えてきた。
6月の試合の後だからゆっくりしたいと。ただそんな悠長なこと
いってる奴はいつまでたってもベルトに届かない。
やる気もない奴にチャンスを上げるほど僕たちも
待ってる気もないんで。とメディアに対して伝えておりました。
この発言には朝倉未来さんは
RIZIN運営側、クレベル陣営の両方の話を聞いたわけではないので
本当の所はわからないが、
クレベル選手は3月摩嶋選手、6月俺と連戦し水抜きで
体調が悪く10月出れないのでは?と考察しておりました。
そして、この様に試合を断ったという情報が表に出ると断った方が
逃げたと格闘技ファンからたたかれることがあるからか、
朝倉未来さんはクレベル選手は斉藤より強いと思う。
クレベル選手が逃げた訳でないのではと実際に両方とも
戦ったことがある選手として話しておりました。
クレベル選手といえば摩嶋選手との試合に勝利した後に
公開されたRIZIN Confessionsで
斎藤サンも朝倉未来もずっと逃げる逃げる逃げる。
2人してYouTubeばっかりと煽り、両者に対戦要求を
しておりましたが、今回折角朝倉未来さんに勝利したことで
得たチャンスも体調面やまた榊原代表が話していた通り
足の怪我などもあり参加を見送ったのかもしれません。
ただメディアがRIZINの広報部長の笹原さんに行った
一般公開インタビュー内ではこの激怒会見の裏が語られて
おりました。
笹原さんによると6月の朝倉未来戦の直後にクレベルに
オファーを出したが体重が落とせないから無理。と断れた。
ただ11月の頭だったらやれると言われので、やっとのことで
11月に会場を見つけた。
それを9月頭に伝えると全治1か月の足の怪我をしたから無理。
と伝えてきたので11月の試合は完全になくなった。
それなのにも関わらずRIZIN30ではクレベルが走っている所や、
運営側に詫びの一言もなかったので、榊原代表の会見での発言に
つながったことが明かされておりました。
クレベル選手はいろいろな思いを持ちRIZINに参戦したと
思いますが、もしタイトルマッチが長い期間できないと
なってしまった場合シンガポールの団体のONEなどに
移籍することもあり得るのかなと思いました。
また朝倉未来さんはインスタライブで、
10月斉藤選手の相手は今回RIZIN30で勝利した堀江は
怪我の為難しいのではと話されています。
一部では一度負けたことがあるパンクラスの王者ISAOが
遂にRIZINに参戦かという声もありましたが、
既にDEEPフェザー級王者の牛久選手がDEEP王者して10月
僕が挑戦したい!DEEPファンの皆さん観たくないですか?と
問いかけを行う等、
牛久選手が斉藤選手との試合に臨むこともあり得るかもしれません。
そしてバンタムTのカード組合についても話が及び、
考えられる組合せがまだ戦ったことがない
海vs瀧澤、扇久保vs井上かな?とは述べておりました。
確かにいきなり海対井上を組むとは思えず、また
朝倉海対扇久保は去年8月のRIZIN23で戦い、
朝倉海さんが勝ちバンタム級王者に輝き、
扇久保対瀧澤は扇久保選手が負けたら引退も考えていたと
話しておりましたが、
見事瀧澤選手相手に勝利を収めたので妥当な組み合わせかと
思います。
今回も格闘技ファンを沸かせる試合をした金太郎選手が
トーナメントから抜け朝倉海対金太郎が
見れないのは残念ですが、金太郎選手にも判定勝利した
瀧澤選手相手に朝倉海さんがどのような試合をするのか楽しみです。
最後に萩原京平選手との試合についても話が及び、
萩原君はもう今後試合をしたくないと思わせる勢いで勝利を
収めたいと試合への意気込みを語っておりました。
またファンからサウスポー(左)ではなくオーソドックス(右)で
戦ってほしいという声にはそれも考えていると話しており、
いつもと違う動きをすることも想定していると明かしておりました。
そのほかにも今回萩原選手に勝てれば大晦日クレベルか斉藤と
戦いたいと希望を話しておりました。
榊原代表は先ほどご紹介した以外にも会見中に、
やる気もない奴にチャンスを上げるほど僕たちも待ってる気も
ないんで。
クレベルは大晦日もオファーを出す気がないので今年試合にでる
可能性は低い。
とのべており、斉藤vsクレベルという試合が年末組まれる
可能性が低い為、
確かにテレビ放映時の視聴率を考え、朝倉未来さんが、
大晦日斉藤選手との試合を組まれる可能性もあるのかなと
思う所です。
朝倉未来さんは去年の11月試合が行われた日の直後の会見では、
「斎藤選手とのダイレクトリマッチをしたいですね」 と話し、
また榊原代表は斎藤選手と未来選手の試合をみて
「5Rで見たかった。可能なら大晦日にでも4R目以降の続きを
見たい。両方の選手とは週明けにもコミュニケーションを取りたい」
とのべておりました。
またRIZIN広報部長の笹原さんはRIZINは3ラウンドまでで、
延長ラウンドはありません。
UFCは王者決定戦ですと5ラウンドまでありますので、
RIZINでも検討したいと思います。
と、斎藤選手と未来さんの3R目以降の続きを見たかったと
思わせるツイートをしております。
加えて格闘技マガジン編集者ジャン斎藤さんは
榊原さんのやつは「5Rだったらわからない」じゃなくて
「プロモーターとして続きを見せたい」って意味じゃないですか。
朝倉選手はそれくらい言ったほうが面白いので
いいじゃないでしょうかとも発言し、
RIZIN2戦目なのに斎藤裕選手をタイトルマッチに
抜擢したりとか(周囲は王座戦実施に慎重だったとか)、
榊原さんって面白そうならやっちゃう人なんですよ。
リマッチの件も朝倉未来選手を贔屓してる云々ではなく、
面白そうだから。厄介なのは、榊原さんはひんしゅくを
買ってでもやるタイプということとも発言しておりました。
この様に去年斉藤選手との試合が行われた直後は
朝倉未来対斎藤裕2が行われるのではと
憶測が飛び交っていましたので、30歳での格闘技引退を
考えている朝倉未来さんが大晦日再度クレベル選手が
タイトル戦線から遠のいた今実現するかもしれません。

朝倉未来が斉藤裕は王者失格と断言 2021年9月

10月2日の萩原選手との試合に向けて試合直前ということで
記者会見が開かれました。
その会見の中では萩原選手との試合に向けて、
きつい展開もしたいなって感じはあるんですけれど、
あっさり終わってしまう可能性もあるし、相手がどれくらいの
レベルに上げてきたかにもよります。どちらにしても
命を懸けるような試合をするつもりなので、その覚悟はできています。
と発言しておりました。
前回の動画の15名の有力格闘家による勝敗予測まとめで
お伝えしました通り現在朴選手を除いて14名の選手が
朝倉未来さんの勝利を現在予測しており、圧倒的に朝倉未来有利と
見られてはいますが、決して自分自身は油断せず命をかけて
試合に臨むことを明かしておりました。
また試合直前ではありますが、自身のTwitterでは、
あの日から努力を続けて強くなって帰ってきた
10/2は皆さん楽しんでとファン向けに発言しており、
クレベル選手に負けてた時には引退も考えたと発言がありましたが、
それ以降も格闘家として成長を続けてきたと述べております。
試合直前の会見では成長を続ける為に現在雇っているトレーナーに
ついても言及し、
「瞬発力なトレーニングをするためのトレーナー、もう一人は
魔裟斗選手を世界王者に導いた土居トレーナーと下半身強化を行い、
毎朝キックボクシングのトレーナーを2人きてもらい、ミット打ちを
毎日している」と発言しておりました。
この発言で注目なのが、やはり土居さんがトレーナーについていると
いうことです。というのも魔裟斗選手も土居トレーナーのおかげで
格闘家として成功できたと話しているからです。
魔裟斗選手曰く、「2007年にK1の準決勝でアンディサワー選手に
負けて、引退もよぎったが、土居さんはここから3年かけて
強くするつもりで、まだ強くなれる。これから3年かけて王者にすると
勇気づけてくれ、土居さんについっていったらその次の年には
トーナメント優勝、そして、2009年にはアンディサワー選手に
判定勝利するまでに成長できた」と話しておりました。なので、
今回萩原選手との試合で前回のクレベル戦とは違った朝倉未来さんの
動きが見れるかもしれません。
そして、そのトレーニングを通して自信をつけたのか、
朝倉未来さんは、「トレーナーの方からは僕の身体能力は
ポテンシャル的に世界を狙えるらしく、数値的なもの
は日本人離れしているって言われている。だからこの練習を続けて、
世界と戦えるフェザー級の日本人は俺しかいないかなって思っています。
そこを狙っていきたいですね」と萩原選手との試合に勝つことを
ゴールとしてはおらず、将来ベラトールの強豪選手である
AJマッキー選手らも含めた海外強豪勢との試合もしたいと
発言しておりました。
朝倉未来さんといえば斉藤選手とのタイトルマッチが行われた
11月の試合の会見の時に、
「今回のタイトルマッチで証明されるベルトの価値ってあまり
高くないと思っていて」と発言しておりました。そして、
その後斉藤裕選手にベルトの価値がそんなに高くないみたいなことを
言っていましたが、それを言っちゃあおしめえよって話で。
と思ったんですけれど、とツッコミが入れられると、
朝倉未来さんは「ベルトに価値がないっていったのは、UFCで
王者になっている日本人格闘家なんていないから、その日本人同士で
戦って得たベルトに価値はないって意味です。」と発言されており、
当初からベルトの価値を高めるために強豪外国人選手との試合を
想定しておりましたが、遂に本気で将来強豪外国人選手との試合に
臨もうとしていることを明かしておりました。
また斉藤選手に対する煽り発言も会見中に飛び出しました。
朝倉未来さんは記者から、今回試合の解説を務めるのは斎藤選手
だがどう思うかと聞かれると、
「1年前でしたっけね、斎藤選手とやったのは。あの時とは
全然違うんですよ。取り組み方といい強さといい。
そこを感じるんじゃないですかね。」と話し、
続ける形で記者から斎藤選手の質問を受けると
「実力は確かにあるんですが、格闘技の選手として華がないと思う、
正直。求心力もないと思う。俺はチャンピオン失格だと思っていますね。
だから早く奪い取りたいなっていう」とかなり衝撃的な発言を
しておりました。

斉藤裕が朝倉未来の煽りにアンサー

次の話題としてこの煽りに対しての斉藤選手のアンサーについてです。
今回榊原代表は今までの大会を振り返ると
朝倉海がメインを張ることが多かった。
ただ6月ケラモフ選手と戦った東京ドームの大会の総括で
厳しくいってしまったが、斉藤裕にタイトルを
任せたいと述べておりました。そして、続けて
ケラモフ選手は反則を続けていたが、そんなことをされても圧倒的な
ファイトをしてほしかったという期待の裏返しの為、きついことを
言ってしまった。改めて斉藤裕にはお詫びしたい。
と榊原社長は多くの記者が集まる中謝罪をしておりました。
その榊原代表の熱い思いを受け取ったのか、斉藤選手は
「今回大会のメインを任されるということで、社長ひとついいですか?
僕、本来であればタイトルマッチをやるはずだったんですけれど、
今回自分がメインでやるということでタイトル戦にしてもらいたい。
対戦相手はやる気のある選手、フェザー級にたくさんいると
思うんですけれど、そういう選手とできればぜひお願いしたいです」と、
急遽タイトルマッチにして欲しいと榊原信行RIZIN CEOに
直訴しておりました。
個人的には今まで自分の感情をあまり表に出さず、堀口さんのような
スポーツエリートの印象を斉藤選手から受けておりましたが、
今回直訴して自らリスクをおかし、大会を盛り上げようとする姿は
かっこよかったです。
榊原代表は「相手は決まっていないけれど
ベルトを懸けるということ?」と念押しすると、
斎藤は「はい、懸けます。懸けさせてください」と断言しておりました。
この直訴を受けて榊原CEOは「僕らは斎藤裕という王者を軸にこの
大会を作る。朝倉兄弟もいません、天心もいません、堀口恭司もいない。
RIZIN大丈夫? って、いやいや何を言ってるんだと僕は思うんですね。
斎藤裕を筆頭にこれだけの選手がいる。斎藤裕がそこまでの
覚悟を持ってベルトを懸けるって言うのなら、僕らはタイトルマッチに
したいと思う。ただ、僕らは手加減なしでマッチメイクしますよ。
ひょっとすると萩原京平と朝倉未来の勝者が出てくるかもしれない、
クレベルが体重が落ちるからやるって言うかも。
すでにDEEPの牛久フェザー級王者選手なんかもやらせてくれと言って
きている。」とタイトルマッチとして行うことを承認しておりました。
この発言には扇久保選手が斎藤選手漢だとつぶやき、
石渡伸太郎さんも誰か分からないのにタイトルマッチ直談判!?
リスクしかねぇよ。
流石だよ。と早速反応されておりました。
ちなみに格闘技雑誌ジャン斉藤さんによると記者会見後に榊原代表は
クレベルとの契約はもうないので、こちらから歩みよる気はない。
また、消滅した斎藤裕とのタイトルマッチであらためてクレベルと
複数回契約を結ぶ予定だった。がと
今回斉藤選手にタイトルを挑む資格があったクレベル選手は本当に
タイトルマッチどころかRIZINの舞台から遠のいてしまったようです。
なので、今回榊原代表が朝倉未来が出てくるかもしれないと
話している通り、朝倉未来対斎藤裕が近々組まれる可能性は
高いと思われます。
朝倉未来さんといえば、10月2日にRIZIN Landmark、
10月31日にABEMAの喧嘩に勝てば1000万円企画と立て続けに
イベントが待ち構えており、本当に10月24日の試合で戦うのか
疑問ではありますが、引き続き注意して動向を見る必要があります。
ちなみに朝倉未来さんが俺はチャンピオン失格だと思っていますねと
述べた件については、
斉藤選手は「選手によっていろいろな声があることも
理解していますし、朝倉選手も凄く必死なんだなっていうのを感じます」
と返しておりました。

2021年10月榊原代表が朝倉未来×斉藤裕2はあり得ると明言

榊原代表も牛久選手が登壇した会見で
10月24日のこの2人のタイトルマッチの結果によっては、
斎藤裕vs朝倉未来ということが、これはファンの声にも
耳を傾けながらではあるけれども大晦日に実現するかもしれない。
と改めてRIZIN LANDMARKの時と同様に齋藤裕対朝倉未来が
実現するかもしれないと明言しておりました。
格闘技ファンの間では、なぜ(クレベル戦後)正規フェザー級である
66キロでの試合をし勝利していないのにも関わらず、
タイトルに挑めるのかと疑問を持たれている方もいます。
ただ朝倉未来さんと戦うとなれば、大晦日テレビ放映は確実にされ、
格闘技に普段興味のない一般層の方にも齋藤選手が
知れ渡る形になるので、齋藤選手の方にも戦うことのメリットは
あるとは思われます。
もしくは、大沢ケンジさんも話しておりましたが、牛久選手も
強豪で齋藤選手が怪我をする可能性もあり、そもそも大晦日に
出れないことも考える必要があるとは思いますが、
実現すれば実現したらで、試合前まで盛り上がる
カードになるのではないでしょうか?


是非皆さんのこのリマッチへのご意見をコメント欄で
お聞かせください。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました