スポンサーリンク

朝倉未来がドミネーター聡志選手との試合について意気込みを語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国の格闘技ファンの皆様ごきげんよう!

2020年大晦日のRIZIN26で試合が決まっている朝倉未来さんと、ドミネーター聡志選手が試合直前の公式インタビューをうけましたので、内容について注目の発言を皆さんと一緒にみていきたいと思います。

未来さんとドミネーター聡志選手といえば、昔ジムで練習したことがあることが知られております。

ただ聡志選手は公式会見中や、会見後のTwitter、そして公開練習では、未来さんをかなり煽っておりましたが、未来さんは基本的に平本選手に反応されていることが多く、一部格闘技ファンからは逆にこの聡志選手からの煽りをスルーし、平本選手にかまうというのが、聡志選手にダメージを与えているのではないかと噂されておりました。

未来さんもドミネーター聡志選手も前回の試合でまけており、なんとしてもこの試合は勝ちたいと思っている試合のはずです。

それでは早速話題に移ります。

まず未来さんのインタビューについてです。

記者から、前回の試合から一番強化してきた部分は予定通りになりましたでしょうか?と尋ねられます。

未来さんは「強化した部分というのは結局、自分の狂気的な部分を抑えられていたのが自分の強みだと思っていたんです。冷静さとか、落ち着きだったり。ただその爆発力とか、リスクを冒した殴り合いは強いので冷静さと自分の中にある激しいものを出して、混ぜたら一番強いんじゃないかってことで。
もちろんカウンターを入れつつ。自分からの入りもいれつつ、新しい朝倉未来を見られるんじゃないかと思います」と答えておりました。前回の斎藤選手との試合ではどうしても斎藤選手の攻撃に合わせてカウンターを狙うスタイルが、RIZINの判定ルールではあまりいい印象を与えなかった一方今回は冷静さを保ちつつも積極的に攻撃をしていくスタイルにかえるようです。このスタイル変更が吉と出るか凶とでるか個人的に楽しみです。

そして、記者から、昔の自分に戻るのではなく、あくまでも新しい朝倉未来なんですね。と質問されます。

未来さんは「そうですね。昔のような狂気的な爆発力のある瞬間もあれば、カウンターをとる時もある。混ぜた感じですね」と答えます。路上で喧嘩をしていた時や、アウトサイダーにでていた時の様な若さと勢いでの試合ではなく、あくまでも今までのスタイルのカウンターを取る所も合わせつつの試合展開になるとのことです。以前のインタビューでも繰り返し、狂気的ということばを使っており、実際どのようなものか気になる所ですが、

記者から、狂気的な部分というのは1Rのゴングが鳴った瞬間に解放させるのですか?と質問されると、

未来さんは「どうなんですかね。向かい合ってどんな感じなのか分からないですけれど。昔から自分はアドレナリンが出やすくてキレやすい体質だと思うんですよ。そこを自主的に抑えてきた部分があって、それはスパーリングでも試合でも同じなんですけれど、そこを素直に出していくって感じですね」と答えます。

そして続けて記者が聡志選手の言う「喧嘩」になると、未来選手が築き上げたカウンタースタイルが崩れる可能性もありますが、打ち合いの喧嘩になっても打ち勝つ自信はありますか?と質問した所、

「打ち合いこそ俺が一番強いんでね。今まで聡志選手がやってきた相手と一緒にしてもらったら困ると言うか。パンチ力とかキック力とかが比じゃないので。年始からまた仕事あると思うんですけれど、無事でいられると思ったら大間違いで。多分、鼻が折れたり歯が折れたりするので、その辺は覚悟してきてほしい」と斎藤選手の鼻をおるまでのパンチをしたことを踏まえてか、最後挑発する形でインタビューを終えておりました。

そして、会見の後には、ベントレーの車のキーが見える形で、

家賃160万円の家にすんでも、3000万円の車にのってもリングの上ではこのファイトパンツ一枚で自分を信じて戦うしかない、大晦日生き様をみててくれ」と新しいファイトパンツと共に今回の試合への決意を新たにしておりました。

ちなみにこのインタビュー内容については既に聡志選手は反応しており、鼻折れるくらいなら普通に出社できるな…とTwitterで返しておりました。

逆に今回戦うことになったドミネーター聡志選手のインタビューを紹介すると、

記者から、今日は会社を代休を取ってインタビューに応じられていると思いますが、減量はいかがですか。と聞かれ、

「いつもより体重がちょっと重いので凄く楽はさせてもらっています」と回答しておりました。

これはドミネーター聡志選手はクリスマスの日に『68kg契約』はこのために…ありがとう…』と試合前ではありますが、ケーキとチキンを楽しんでいることからもわかります。

また未来さんをもじってか、サングラスをつけて登場したシーンや突如としてケージの端を掴んだりして格闘技ファンの話題を集めた、公開練習などについて聞かれると

「身近の格闘技を見ていない層の人からは『あれ、何?』と言われたのですが、関係者からは凄く好評をいただいてます」と回答しておりました。たしかに会社の同僚など格闘技に興味を持たない人にはきょとんとする内容だったとは思います。ただ関係者というのはどの範囲なのか、気になる所です。

そして、昨夜ライブ配信されたRIZIN FF公式YouTubeチャンネルでの番組内で榊原CEOは「朝倉選手は聡志選手を指名した」と言われていたのですが、指名されたことをどう思いますか?と質問されると、

「どっちかと言うと自分は元々そういう認識でした。向こうがOKという形でオファーをいただいてましたので、最初から向こうは弥益を食いに来ている、弥益ならイケるという認識でこの試合を受けているという認識を持った状態でこの試合に臨んでいるので、そこに関しては今更という感じはします」と答え、

記者から「食いに来ている」とわかった上で、逆にどうしてやろうと思いますか?と続けて質問されると、

「自分の試合を観たり、過去に練習した記憶に基づいてイケると判断したと思うのですが、試合の時の自分というのは自分と試合をしてみないと絶対に分からないと思うんです。多分、試合映像を見ても自分の強さなんて絶対に分からないですし、逆に それが自分の良いところだと思うので逆にこれはチャンスだなという考えです」と回答しておりました。

冒頭でもふれましたが、未来さんと聡志選手は以前練習をしたことがあり、ドミネーター聡志がDEEPの王者になったときには未来さんの方からおめでとうございます返信していたように両者ともに面識があるとは思いますが、以前未来さんが公開練習後の会見の後には記者から以前練習したことがあるとは思いますが、どういう印象を持たれていますか?という質問には、あまり覚えてはいないと答えておりました。

そして、記者からは、試合展開についての質問に移り、「前回の公開練習の時に番狂わせを起こす条件は「全体的な空気感、本人の空気感もそうですし、見ている人の空気感、大会当日の流れももしかしたら関わってくるかもしれないです」と言われてましたが、大会2日前でその空気感はどうなってますか?と質問されると、

「逆にどうですか?(笑)」と聡志千選手が逆に質問し、

昨日の番組では「聡志選手が何かを起こすんじゃないか」という声が出ていました。と記者が答えると、

「自分の見えている範囲なんてかなり限られていますが、だいぶそういう空気は醸成できてきたんじゃないかなと思います」とこたえ、番狂わせの条件は着々と揃っていると思いますと回答しておりました。

聡志選手への期待感が高まっているのを感じますが、これは思うような展開でしょうか。と質問されると、

「自分にとって試合に向けての日々というのは、自分の存在というのを朝倉未来の対戦相手という存在から弥益という選手個人に皆さんの目を向けさせる過程だと思うので、そういう意味では色々とやらせていただいて、チャンスをいただけている状態だと思います」と答えておりました。

RIZIN26の記者会見の時には「今はただの朝倉未来の対戦相手ではありますが、これからドミネーター聡志という人間を格闘技ファンに覚えてほしいという旨話しておりましたが、公開練習などで徐々に知名度を増やしていったのではないでしょうか?

ただ、聡志選手はサラリーマンであることも踏まえ、負けたら仕事にも影響を与えてしまうかもしれませんか?と逆に負けた場合についても触れられると、

「それは口が割けてもいえないですね(笑)」と答えておりました。

会見の後の写真撮影では未来さんが以前あげていたとび膝げりと同じポーズで写真をとろうとするなど終始煽り続けている印象をうけました。

以上今回は格闘技ファン注目の未来選手と対戦相手のドミネーター聡志選手のインタビューを受けて動画にしましたが、是非皆様の今回のインタビューへのご感想コメント欄でお聞かせください。

また試合直前ではありますが、色々情報が出そろってきた所でどちらが勝つとと思いますか?

是非皆さんの勝敗予測おきかせください。

いつも貴重なお時間を取って頂き、ご視聴ありがとうございました。

別の動画でもお会いできることを楽しみにしています。

朝倉未来、朝倉海らRIZINファイターに関連する動画を公開中!CH登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
朝倉未来
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MMAの大ファンをフォローする
スポンサーリンク
MMAの大ファン
タイトルとURLをコピーしました